So-net無料ブログ作成
検索選択
前の10件 | -

木管五重奏 ハイドンのディベルティメント ふたたび [吹奏楽]

ハイドンのディベルティメント
アンサンブルクリニックの木管アンサンブルは、市原先生による、「ハイドンのディベルティメント」木管五重奏版。

2楽章の「聖アンソニー」のテーマで有名な曲なのだけど、木管五重奏に編曲した時点での問題と、ハイドンの時代の楽譜の書き方の問題等を説明していただいた。
ちなみに、この木管五重奏版、楽譜は結構出回っているらしいのだけど、実は、見たことあるというか、やったことあるというか。
という記事を書いたことがあって、さらに、
木管五重奏 ハイドンのディベルティメント
高1になる吹部の卒業生が、開校記念日だということで、来校。残念ながら、自主練の日だったので、一部の後輩にしか会えなかったみたいだけど、僕も、少し話をさせてもらうことができた。
吹奏楽部でオーボエを担当し、アンサンブルコンテストで、「木管五重奏 ハイドンのディベルティメント」をやるらしい。
ちょっと話をしたら、もう知っている内容ではあったみたいなのだけど、かつて、「木管五重奏 ハイドンのディベルティメント」については、記事を書いていたりします。
という記事も書いたこともある。

今回、生徒が、突然、「ハイドンのディベルティメント、木管五重奏の、やりたいので、楽譜、買ってください。」というので、購入した。



IMSLP(国際楽譜ライブラリープロジェクトInternational Music Score Library Project)などによれば、
もともとの編成は、
2 oboes, 3 bassoons, 2 horns serpentとなっている。

最後の、「serpent」というのは何?とも思うのだけど、IMSLPにある楽譜を見ると、コントラファゴット。

でも、インターネットで調べると、serpent(セルパン)、金管楽器に一般的なバルブではなく木管楽器のような音孔を持つ、チューバ発明以前は金管の低音楽器としても使用された。蛇みたいな形。


う~ん、いろいろあるなぁという感じ。

そういえば、実は、ハイドンの作曲じゃない、という話もありますよね。

Allegro con spirito
Chorale St. Antoni
Menuetto
Rondo. Allegretto

どれも、どこかで聞いたことあるよね、という、親しみのある曲だったりはします。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

バーンガ [学校]

国際理解教育の学習で、総合的な学習の時間で、「バーンガ」というトランプゲームをしました。

といっても、僕が担当したのは、2時間続きの2時間目、振り返りの部分だったのですが。

ゲーム中、一切口をきいてはいけない決まりになっていて、 グループ毎にルールが違うようになっています。まあ、そのことを参加者は知らないわけで、1回戦が終了する度に、各グループのメンバー1名が他のグループに移動しなければならないのですが、移動した人たちは、そこでカルチャーショックを受けるというか、少数派になるというか。
異文化体験シュミレーションということのようです。

振り返りの中で、思ったのは、生徒にとっては、「しゃべってはいけない」という部分の印象が強いみたいで、言葉が通じないという人との関係についての感想、考えが多かったなぁということ。

本来的には、少数派、多数派の違いはあっても、ルール、価値観の違う人との関係という部分が中心になるべきだと思う。

まあ、国際理解教育だし、言語の違いの部分も大切ではあるかもしれない。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

鰓蓋 [学校]

生徒から、突然、「鰓蓋」って、なんて読むんですか?という質問を受けた。

先生なら読めるだろう、というより、iPhoneとかで、調べてくれるだろうということだと思うのだけど、
読めない漢字を調べるというのは、どうしたらいいのだろうと考えてしまった。

コンピュータのIMEパッドの手書き入力で、漢字をさがし、その後インターネットで検索するという方法で、
サイガイ、えらぶた、という答えを知ることができた。

でも、手書き入力というのが、結構大変、というか、時間がかかってしまったので、
その後、「さかなに思う」と、googleさんに聞いてみると、これでも答えを知ることができた。

う~ん、インターネット検索、恐るべし。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

メクリボン [雑感]

iphone/image-20161207154857.png文房具店で買い物をしたら、福引ができますというので、やったら、なにかもらえました。

いや、「なにか」、というのも変なのですが、いくつかの商品から選べたのです。

でも、さっと選ばないと申し訳ない、カッコ悪いみたいな、変なプレッシャーを感じる人でして、
ちゃんと見ないで選んだのが写真のもの。

リング型指サック「メクリボンPetit」と、知らないキャラクターの缶バッチ。


指サックの方は、使えるかなぁとも思ったのですが、Sサイズなので、きついですw



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

バイスティックの7原則 [学校]

市のいじめ不登校対策会議というのがあって、出席しました。
スクールソーシャルワーカーさんからの報告もありました。

その中で、対人援助にかかわる援助者の行動規範として、バイスティックの7原則というものがあることが紹介されました。

1 個別化の原則
2 意図的な感情表出の原則
3 統制された情緒関与の原則
4 受容の原則
5 非審判的態度の原則
6 自己決定の原則
7 秘密保持の原則
8 専門的援助関係の原則

一つ一つについて、詳しい説明があったわけではないのですが、
たとえば、個別化の原則とは、
クライエントの抱える困難や問題は、どれだけ似たようなものであっても、人それぞれの問題であり「同じ問題は存在しない」とする考え方。クライエントのラベリング(人格や環境の決めつけ)やカテゴライズ(同様の問題をまとめて分類してしまい、同様の解決手法をとろうとする事)は厳禁。

なるほど、と思いました。


今の時代、「語句」を知ると、インターネットなどで、簡単にその意味、背景とかを知ることができるのですよね。
「語句」との出会いって、重要なのかもしれません。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

防寒グッズ4点セット [雑感]

iphone/image-20161205054923.png
電車やバスに乗ったり、徒歩で移動ということは少ないのだけど、
冬の時期に、車以外で移動する機会があり、コンビニで防寒グッズを購入してしまいました。

帽子と手袋、ネックウォーマー、マスクの4点セット。
探せば、同じようなものが、家のどこかには隠れているように思うのですが、400円とか700円とかで売っているのを見ると、つい、買ってしまいます。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

女子大生 [学校]

国際理解教育についてということで、学習院女子大学の学生さんが出前授業に来校されました。

女子大生という言葉は、女子の大学生という意味と、女子大学の学生という意味があると思うのですが、・・・いや、そんなことはどうでもいいのかもしれません。

女子高生とか女子大生という言葉に、おじさんたちが、なんか反応してしまうのは、分からなくもないのですが、
生徒達も、「女子大生」という言葉に、なんかわけのわからない期待感を持っているようでしたw

夏のラオスでの国際協力体験をもとにということで、2つの理科室にそれぞれ2クラスずつに分かれ、各3名の大学生が進行役でワークショップをおこなっていただきました。



一つ思ったのは、教員って声が大きいというか、通る声でしゃべるよなぁということ。
大学生の方の声が小さすぎるとか、うるさくて聞こえないとかでは全くないのですが、
理科室という、ちょっと大きなスペースの空間だと、きっと、現役の教員なら、もっと声をはるんじゃないかなぁと思いました。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

7桁の数字の入力 [学校]

生徒の志望校、7桁の数字のコード入力作業を、若い女性の先生とやらせてもらった。

その先生、すごくキーボード入力が速くて、10キー入力も、もちろんブラインドタッチで、発音するより速く打ち込めるという感じ。

なので、僕もキーボード入力が遅い方ではないとは思うのだけど、今回は、読み上げる方を担当させてもらった。

自分が打つ時は、4桁ぐらいだと、読み上げてくれる数字を覚えて、復唱しながら指を動かす、という感じなので、読み上げてくれるスピードが遅いとイライラしたりするので、

最初、7桁を一気に読み上げたら、
「4桁+3桁にしてください。」というオーダーを受けてしまった。

う~ん、7桁一気は無謀か、とも思ったのだけどw、
というより、数字を聞きながら、指も動いているということで、処理の仕方が違うみたい。

200数十名、後半は、息も合ってきたかな、という感じでした。
う~ん、でも、もっと、あの入力スピードを活かす読み上げ方ってあるようにも思うのですが・・・。


皆さんは、数字を入力する時って、どうしてます?
(まあ、そんな作業なんてしないかw)

nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

コード入力 [学校]

コードといっても、和声のコードではなく、高等学校の名称と学科にふられている番号。
南部校長会テスト(学校でおこなう、公立高校の模擬テストみたいな試験)では、第1志望校を7桁の数字で入力するようになっている。
生徒は、A4、4ページ(A3、1枚分)に印刷された高校名と学科と数字の表から、自分の志望校を探して、その数字を書くことになる。
マークシートなので、処理をする業者の人は、キーボードから打ち込んで入力するわけではないと思う。

学校内での生徒の進路希望のとりまとめも、進路会議の資料作成や進路作業をおこなう上で、コードでやった方がいいかな、と思って、この時期の志望校入力はコードでお願いしている。

コードで作業するためには、コード表を用意しなければいけないのだけど、独自でつくるのも、汎用性がないような気がして、南部校長会テストの表を流用させてもらった。

う~ん、でも別に、南部校長会テストのものを使ったからといって、汎用性など生まれないのであって、
7桁もあると入力する手間もかかるわけだし、
コード表の電子データがあるわけじゃないので、コード表をつくる手間もあるわけで・・・。

ホント、僕ってバカだよなぁ、とも思うのではありますが、
今年も同じ方法でいこう、と考えていますw
(せっかく、コード表、作って熟成させたわけだし。)

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

ランプスイッチ [雑感]

車を新しくして、変わったよなぁというか、慣れなくて戸惑っていることの一つに、ランプスイッチの順番が変わったこと、というのがある。
iphone/image-20161130190022.png
普通の車と同じで、方向指示器のレバーがライトのスイッチにもなっている。

かつては、一つ回すと、「車幅灯等のみ」、もう一つ回すと「自動」、さらに回すと「ヘッドライト点灯」となっていた。

現在は、一つ目で「自動」、次が「車幅灯等のみ」、その次が「ヘッドライト点灯」となった。

基本的には、「自動」でいいのだから、一つ目が「自動」なのが合理的だとは思うのだけど、以前の癖で、停車した時とかに、ヘッドライトを消すときに、つい、一つ戻してしまうのですよね。その結果、車幅灯とかも消えてしまうわけです。

まあ、停車中もヘッドライトは消さない、という考え方もあるみたいだし、絶対、現在の設定の方がいいとは思うのですが、身体が対応しないというか、頭がついていかないというか。

iPhoneのホームボタンの設定の時も思ったのだけど、これって年をとったということなのでしょうかね。頭や身体がストレスなく対応するまで時間がかかります。
ちなみに、iPhoneのホームボタン、だいぶ慣れましたが、たまに、意に反してSiriを起動してしまったりしています。
ホームボタンを押して開く
iPhoneをiOS10にアップデートしました。

これまでは、ホームボタンを押し、その後、画面をフリックし(スワイプし?、スライドし?)、ロックを解除していたのに、
今回から、ホームボタンを押すと、「ホームボタンを押して開く」という表示がでるので、もう一度ホームボタンを押すとロックが解除されるようになった。

絶対、こっちの方がいいとは思うのだけど、
つい癖で、画面をこすって、ウィジェットを出してしまう。

慣れって恐ろしいw


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽
前の10件 | -