So-net無料ブログ作成
検索選択
前の10件 | -

アンパンマンミュージアム [吹奏楽]

iphone/image-20170523112802.png
横浜だけではなく、神戸とか高知とか、いろいろなところにあって、一度は行ってみたいよね、と思いながら、行ったことのなかった「アンパンマンミュージアム」、行ってきました。

とはいっても、入場料1500円を支払っての「ミュージアム」に入館することはなく、「モール」で、屋外のショーを観て、グッズを見る(買う)、ということでした。

ショー自体は、十数分。
ディズニーランドとかの場合、20分ぐらいが多くて、腹八分目じゃなくて、充分な満足感を与えるためには、ちょっと長めに20分ぐらい、というのがあるみたい。
さらに、ディズニーシーになると、ちょっと大人向けというのもあるのかもしれないけど、さらに、もう少し長くしてあるように思う。
アンパンマンショーの場合は、ベビーカーに乗っているような子どももいるわけで、短めなのではないでしょうか。
iphone/image-20170523112820.png

その十数分のショーを観るために、炎天下の広場に、30分以上前から、小さい子と親がじっと待ってたりするのですが、思わず、紫外線とか大丈夫なんだろうか、とか心配してしまいます。


お姉さんたちのミニスカートの衣装、付き添いのお父さんたちへのサービスなのだろうか、とか考えてしまう僕の心は、くさってますかw

どん兵衛 きつねそば [雑感]

奥さんが、「どん兵衛って、なんで、『きつねそば』がないのかしら。どこかでは売っているらしいんだけど。」と言っていたのですが、

カップヌードルミュージアムで、状況が判明しました。

北海道限定らしいです。

(インターネットで調べれば、すぐにいろいろわかるわけですが。)



どん兵衛 東西味比べセット [雑感]

iphone/image-20170523112732.png
カップヌードルミュージアムのおみやげ品コーナーみたいなところで、「どん兵衛 東西味比べセット」というのを売っていた。

インスタントラーメンも、地域によって味を変えているというのは知っていたのだけど、実際に食べ比べてみるというのは、なかなかむずかしいわけで。

購入して、食べてみました。

う~ん、
西日本:つゆ 昆布のうまみ  あげ ダシで甘く煮た味
東日本:つゆ 醤油・鰹の旨み  あげ 甘辛く煮つけた味
となっていうのですが・・・。
昆布と鰹じゃ、全然違う味になるとおもうのだけど、意外にもあまり違いを感じません。
たしかに、西日本の方がつゆの色はうすいし、味も違うことは違うのですが・・・。


介護老人保健施設の施設 [雑感]

iphone/image-20170522163905.png
母が入所した「介護老人保健施設」、病院みたいな感じもするけど、
食事をしたり、テレビを観たりする共用部分と個室に分かれていて、きれいないいところだなぁという感じ。

個室も広い。ベットから降りたり、落ちたりするとセンサーが反応するようになっていて、職員の方が来てくれるシステムになっているらしい。
iphone/image-20170522163919.png

エレベーターも、パスワードを入力しないと使えないようになっていたりした。

エアパッケージ

iphone/image-20170523112700.png
出来上がったマイカップヌードルを「エアパッケージ」に入れて完成なのだけど、
この「エアパッケージ」、新しい物を発明しました感というか、特許のかたまりなんだろうなぁ感のするもの。

のりとか使わず、空気を入れるだけ。衝撃からも守ってくれるし、外からも見えるし。


まあ、その後、1日、「カップヌードルミュージアムで、マイカップヌードルをつくってきました。」とアピールしながら、歩くことになったわけですがw



インスタントラーメンの父 [雑感]

カップヌードルミュージアムは、
~ここは、子どもたちひとりひとりの中にある創造力や探究心の芽を吹かせ、豊かに育てるための体験型ミュージアム。世界初のインスタントラーメン「チキンラーメン」を発明し、地球の食文化を革新した日清食品創業者・安藤百福の「クリエイティブシンキング=創造的思考」を数々の展示を通じて体感することができます。・・・~

日清食品創業者の安藤百福さんの業績を紹介する、という目的もあるみたい。

48歳で、「瞬間油熱乾燥法」でチキンラーメンをつくりだし、60歳を過ぎて、カップヌードルを、90歳を過ぎて、宇宙食ラーメンを・・・。


「クリエイティブシンキング=創造的思考」を数々の展示を通じて体感ということの一つなのだと思うのですが、
カップに麺をセットするのに、カップの方を上からかぶせるという手法を、「逆転の発想」ということでアピールしていた。
マイカップヌードルをつくる工程で、参加者にわざわざハンドルを回させて、印象付けていたりしたので、アピールポイントなんだろうなぁと思っていたら、百福シアターという、安藤百福の生涯をCGアニメで紹介するものの中でも、いろいろな説明があった。

カップヌードルは麺の下に空間があって・・・というのは知っていたのだけど、カップの方を上からかぶせて麺をセットする手法って、そんなすごい「発明」なのだろうか、とか思ったりもしたw

でも、カップヌードルにしても、今にしてみれば、あたりまえのものをこの世に生み出し、さらに言えば、それが、60歳を過ぎた年齢からだったりするのが、老いてきた身には、より感動的だったりした。

口腔ケア [雑感]

母がデイサービスに行くと、その報告帳?(保育園や幼稚園、小学校の連絡帳みたいなもの?)に、「入浴」「リハビリ」とかと一緒に、「口腔ケア」という項目があった。

母は総入れ歯で、歯は一本もないわけで、「歯磨き」ということではないのだろうけど、
近頃、テレビなどでも、「口腔ケア」の重要性みたいなことがよく言われているように思う。

朝起きてすぐの口の中は細菌でいっぱい、とか、
歯周病が心筋梗塞の原因になる、とか、

老人にとって、口腔ケアが大切だとすると、老人になりかけの58歳にとっても、きっと口腔ケアは大切だろうということで、
「舌ブラシ」と「モンダミン プレミアム」、愛用するようになりました。

カップヌードルミュージアム [雑感]

iphone/image-20170522133602.png
横浜に行って、前を通るたびに入ってみたいよね、と思いながら、一度も実現しなかった、カップヌードルミュージアムへ行って、オリジナルカップヌードル、つくってきました。

iphone/image-20170522133610.png
まずは、インスタントラーメンの歴史から。
「チキンラーメン」は、1958年に誕生したんですね。僕が生まれた年と同じです。

iphone/image-20170522133618.png
自動販売機で、カップを300円で購入して、カップに絵とか描きます。
絵心のない僕達としては、台紙みたいな、なぞればいい、みたいなものが欲しかったw

iphone/image-20170522133707.png
カウンターに持っていくと、めんをセットしてくれて、スープ・具材を入れてくれます。
感じとしては、サブウェイのサンドイッチをオーダーする雰囲気でしょうか。

小さい子供用に、踏み台があるのが、「心づかい」を感じます。
iphone/image-20170522133629.png


iphone/image-20170522133714.png
プラスチックフィルムを熱ではりつけて完成。

最後はエアーパッケージという、空気を入れることにより固定される袋に、自分で、空気を入れます。
iphone/image-20170522133725.png


お隣では、「チキンラーメンファクトリー」ということで、チキンラーメンを手作りする工程が体験できるのをやっていた。
iphone/image-20170522133734.png
基本的に事前予約が必要なもののようだけど、空きがあれば、当日でも申し込めるみたい。
こちらは、500円。でも、「小、中、高等学校の学校教育で利用の場合は無料になります。」と書いてあったりしました。

ちなみに、マイカップヌードルつくりの方は、入館料500円、カップ代300円なので、1個800円のカップヌードルということにはなる。

横浜の旅 その3 [雑感]

シーバス 赤レンガ倉庫ののりばを降りると、ちょうど、クルーズ客船「飛鳥Ⅱ」が出航するところでした。

う~ん、シーバスではなくて、あんな船で旅行してみたいものですw

横浜の旅 その2 [雑感]

iphone/image-20170522055343.png
iphone/image-20170522055407.png
山下公園からみなとみらいまで、シーバスという船で移動することにしました。

途中、赤レンガ倉庫付近で音楽イヴェント開催中。
iphone/image-20170522055351.png
思わず途中下船してしまいました。(結局、入場して聴くことはしなかったのだけど)
iphone/image-20170522055333.png

屋外で、布でしか遮られていないのに、音が会場外にあまりもれてこないのは、きっと、いろいろなノウハウがあるのだろうなぁとか、勝手に想像してしまいます。

前の10件 | -