So-net無料ブログ作成

吹奏楽指導者講習会 ③ [部活動]

http://blog.so-net.ne.jp/kitachi/2006-05-04-2)の続きです。

というわけで、僕も「キレる」ことは、多くあったのだけど、僕の場合、わかりにくい性格のため、生徒には、「先生がキレた」という事態が伝わらないのが大きな問題。
「えっ 先生どうしたの?」状態。

なので、「キレる」時は、
・指揮棒を投げるとか、スコアを床にたたきつけるとか、先生がキレていることを明確に示す。
・「捨て台詞」として、問題点を口に出して言う。
というのを心がけている(?)

と言いながら、近年は「キレる」ことも、あまりないのだけど、数年前、コンクール前の会館練習の時、何かに反応して、「キレて」、会館を飛び出してしまった。
ちょうどそこで、教えにきてくれた講師の先生(保護者)に遭遇。
僕:「すみません、今、キレて飛び出してきてしまいました。」
先生:「よくありますよね。大切なことです。」

とはいえ、う~ん、どうしたものだろう。フォローしてくれるかもしれない副顧問の先生も休みだし・・・。と思っていると、部長と副部長が、関係者を連れて謝りに来てくれ、練習再開となりました。

大人げないとも思うのですが、それだけ真剣だということかもしれませんし、「かけひき」ではないので、生徒の反応によっては、それで、本当にやめ、ということにもなっていたかもしれない。

逆に言えば、僕が顧問をやっていられるのも、生徒のおかげということになるのではないでしょうか。


nice!(1)  コメント(5)  トラックバック(1) 
共通テーマ:音楽

nice! 1

コメント 5

ハナちゃん

あります。あります(^_^;)
吹奏楽ではありませんが 先日 娘の所属していたアマチュアミュージカル劇団にプロの演出家の先生が来て稽古をつけてくださっていたのですが 練習中のキャストに会場関係者が話し掛けたことがきっかけで 演出家の先生が「キレて」しまいました。
出されていた茶菓子を 皿ごと舞台に投げつけ 怒鳴り 大人も子どもも関係者のほとんどが かなり激しく泣いていました。
後で耳にしたのは 「みんなダラけちゃってたから 芝居をうったのさ。」という監督の言葉Σ(゚□゚;
。。。ちょっと やりすぎ!くらいが いいのかも(^_^;)
by ハナちゃん (2006-05-09 17:59) 

ジョバジョバジョバンニ

キレてますか?
by ジョバジョバジョバンニ (2006-05-09 19:15) 

きたちくん

このブログは、現役の生徒も見ているわけで、「ネタばらし」みたいなことを書いていいの?、という意見もあるかもしれませんが、
現在の学校では、「キレて」、「やめる」とは、何が起こっても絶対に口にしないつもりでいるのです。
かつて、吹奏楽やりたい顧問と吹奏楽をやりたい生徒がいたのに、なぜか活動を休止した三中吹奏楽部。詳しい事情は何も知りませんが、
とにかく、少なくともこの学校にいる間は、「やめる」という言葉は使わない!
by きたちくん (2006-05-09 20:34) 

さなぶた

こんばんは☆私は一年前までは中学で吹奏楽やってました!
そしてコーチが怒って、途中で合奏練習をやめてしまう、というのもありました。
特にコンクール前には。
でも他の生徒はどうだったか、わかりませんが。
コーチの言っている事は正しく、コーチが怒った事によって皆の士気が高まったと言うか。。私としてはたまに喝を入れるのも必要だと感じました。
by さなぶた (2006-05-10 23:45) 

きたちくん

>さなぶた 様
お久しぶりです。コメントありがとうございます。
ブログ、拝見しています。
これからもよろしくお願いします。
by きたちくん (2006-05-11 21:42) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 1