So-net無料ブログ作成

引率 2 [吹奏楽]

引率
吹奏楽部の顧問をしていると、多数のメンバーを引率して、公共交通機関で移動ということもある。

電車のドアなども、一ヶ所に集中すると乗り込みきれず、迷惑をかけてしまうこともある。
並んで歩くにしても、1クラス分や2クラス分の人数が1列や2列でというのも、結構迷惑なことだと思う。

基本的に、移動時は、「パートごとに行動してね。」と指示している。
今は、パスモやスイカなどのカードを所持している生徒も多いし、乗り換えがある場合など、時間短縮のためにも、カード使用を推奨しているが、切符を購入するのも、一人ひとりではなく、パートでまとめて買ってね、と指示していた。

で、最後のミーティングみたいな場面で、
「プリントには、どこの駅で降りるのかとか書いてあったのだけど、全員わかっていたかな? 誰かについていけばいいやとか、先生が指示してくれるだろうとか、思って、何も考えてない人はいなかった?」
「演奏も同じで、一人一人が、最後どこへ行くのかわかっているような演奏がしたいんだよね。先生に言われたまま、何も考えずに、ただ音を出すなんて、つまらなくない?」

なんて、えらそうに、わかったような説教をするのが楽しみだったりする。w

通勤ラッシュの時間帯に、中学生の団体が移動をするのは迷惑だろうし、あまり早いとお弁当をつくるのも大変だろうし、
いろいろなことは考えるのだけど、大会役員の集合時間等の関係もあり、結局、ラッシュ時間帯にギリギリの時間設定になってしまったりする。

今回、乗り換えが2回あり、1つは駅間を徒歩で移動という状況で、
最寄り駅の出発が予定より1本遅れてしまい、駅間の徒歩移動が8分なら、予定時間に間に合うという感じだった。
まあ、一人で走れば3分でも移動可能な距離ではあるのだけど、なにせ1クラス分の人数がいるわけで、実際に走ったら大迷惑なわけで・・・。
結構テキパキと行動して、間にあいそうな感じもあったのだけど、全体が移動しきれなくて、ギリギリアウト。
次の電車だと、次の乗換駅で、2分で階段を上り下りしてホームを移らなければならないという状況であった。
iPhoneの乗換案内で検索して、情報はあったので、部長に、
「2分。可能かもしれないので、できれば!」と言ってあった。

しか~し、電車が若干遅れ、次の乗換駅に到着した時点で、あと1分という状況。
僕的には、「もう無理だな、無理させて、事故っても困るし、次の電車でも、駅から会館まで、自分は走れば、役員集合には間に合うだろうし。(その日は役割分担が総務で、出欠をとる側だったので、できれば遅れたくなかったのだけど)」

再び、しか~し
部長さんは、あきらめなかったのですよ。
先頭をきって、速足で乗り換えホームへと移動してくれたのです。

そして
ダメだと思ったのですが、なんと、目的の電車はまだ来ていなかったのです。
そう、遅延していたのです。

う~ん、実は、結構、感動してしまった出来事でした。






nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(1) 
共通テーマ:音楽

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 1