So-net無料ブログ作成
検索選択

面接演習 [学校]

夏休み、4日間にわたっておこなわれた、初級カウンセリング研修に、面接演習というのがありました。

かかわり行動
 わたしは話をしっかり聴きますよと態度で伝えます。

クライエント観察技法
 話し手の身体言語をよく観ること。

最小限のはげまし
 話し手が話しやすくするための簡単な返事。

質問技法
 開かれた質問、閉ざされた質問

いいかえ技法
 しっかり聴いてますよ、理解していますよという気持ちを伝え、話を簡潔に整理していくための方法

要約技法
 話し手が考えや思い、感情をまとめていくための援助の方法

感情の反映技法
 話し手の感情が明らかになるような聴き方

意味の反映技法
 自分で自分の経験や考え感情から新しい意味や解釈を発見できるような聴き方

最終日の最後に、総合演習ということで、話し手(クライエント役)、聞き手(カウンセラー役)、観察者で、面接演習をおこない、それを参加者全員が周囲で見て、話し合いをおこなうというのがあり、
聞き手(カウンセラー役)をやらせていただきました。

感想として、
「聞き手に、たくさんの『間』があっても大丈夫なんだ、ということを知ることをができました。」みたいな意見を多くいただき、肯定的には言っていただけたものの、
本人、そんなに『間』があったようには思っていなかったので、ちょっとショックだったりして・・・・。

まあ、家庭訪問や個人面談などでも、後で生徒から、
「おかあさん、『無口な先生ね』って言ってたよ」とか言われるので、しかたがないかも。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

初級カウンセリング講習 3日目(2) [学校]

講義の中にでてきて、メモしたもの。
主題でもないだろうし、内容を正しく伝えてもいないかもしれないけど、自分の備忘録として。

・初めは、「物」語りがよい。人物評価は、ほめたとしても危険がある。
・本当の「共感」とは、「次の一手」を示すこと。
・人は認めてくれる人のいうことをきく。
・「教室にいこう」と「授業にいこう」とは違う。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

ウキウキWATCHING [吹奏楽]

日曜日の「笑っていいとも!特大号」を観ていたら、DAIGOが、オープニングの「ウキウキWATCHING」を歌う、という内容をやっていた。
その中で、本番前、携帯電話に録音してある音源を聴いて、出だしのキーを一生懸命確認して・・・という場面があった。

そう、「ウキウキWATCHING」は、伴奏なしで、突然歌いださなきゃいけないのですよね。
伴奏なしで、突然歌いだして、正確な音程をはめるというのは、結構大変なことだと思う。DAIGOさんに、絶対音感があるのかどうかは知らないけど、あったとしても、音がわかるのと発声はイコールではないだろうし。

そう考えると、合唱でアカペラで歌うとしても、まず、ピアノかなにかで、基準音を出すだろうし。

なのに、吹奏楽の場合は、吹く音をイメージしなければ、正しい音程はでない、なんていいながら、舞台にのったら、突然吹き始めるよね。
オーケストラで、舞台上のAの音によるチューニングには、そんな意味もあるのでは、みたいな気にもなってしまう。

また、ハーモニーの練習をする時に、最初に、ハーモニーディレクターなどで、その和音を聞かせてあげるだけで、全然違うのかもしれない。(手軽に、コードさえ押さえることができないのが、くやしい)
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

「天国と地獄」序曲 鈴木英史編曲(3) [吹奏楽]

バンドを大きく3つに分けて、A♭、C、E♭を歌ってみよう、という提案。
右側、真ん中、左側、みたいな感じ。

ハーモニーディレクターがあるわけでもないので、佐渡さんが歌って、音を示す。

まずは、A♭とE♭。
「楽器を吹くときみたいに、しっかり息をささえて!」
「四分音符で!」
「なんか、お経みたいでしょ。これだと日本風なんだよね。」

次に、第3音のCも入れて、という感じで、和音を歌わせたのですよね。

この後、先ほど練習していた部分を演奏してみると、これが、見事に変化したのですよ!
別に、自分の吹いている音を歌ったわけでもないのですよ。
でも、それまでと、全然違った響きになっていました。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

「天国と地獄」序曲 鈴木英史編曲(2) [吹奏楽]

佐渡裕さんによる、鈴木英史編曲「天国と地獄」序曲の指導。

まずは、冒頭部分、リズムをはっきり出そう、という指摘。

「長い音符と四分音符が同じ吹き方にならないで。」
「三連符が、ネジ山がつぶれたようにならない、はっきり」
「滑舌(かつぜつ)よく!」
シンコペーションの吹き方等

10分もたたないうちに、メリハリのある演奏に変わっていく。


で、次にクラリネット、オーボエのソロの後のゆっくりした三拍子の部分へ。
(ちなみに、クラリネット、オーボエのソロをやっていたのは中学生ではなかったよう)

「楽器を減らしたくはないけど、大っきすぎるわ」「もう、バスからして大きい」

まずは、低音。バスクラ、バリトンサックス、チューバに音をのばさせる。
「早い時間で合わせられるように!」
全音符→二分音符→四分音符
「タンギングすると、息のスピードとかが変わって、音程も変わりやすい。鳴った瞬間に合うように。」

2回目のクラリネットソロの前。
ここも、のばしの和音を練習。
パートごとぐらいにまで分けて、チェックしていく。
結構、時間がかかる作業となる。

でも、なかなか、決まりきらない。
「第3音を『暗く』吹くと、心地よい響きになるよ」という話もするのだけど・・・・。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

「天国と地獄」序曲 鈴木英史編曲 [吹奏楽]

今年の富士山河口湖音楽祭山梨県中学生特別バンド公開レッスンの曲目は、鈴木英史編曲「天国と地獄」序曲。

昨年聞いた話だと、初回は「アフリカンシンフォニー」だったとか。
ここ4年間ぐらい聴講させてもらっているのだけど、ずっと、鈴木英史氏のセレクションシリーズだったように思う。

で、今年は、「天国と地獄」序曲だということで、
カンカンの部分など、どう指導されるのだろうとか思って、ちょっと無理をして聴講させてもらいました。
(う~ん、なので、時間に制約があって、カンカンの部分を指導をするところを聴けないで帰らなければなりませんでした・・・残念。)

で、佐渡さんが到着する前に、練習をしていたのだけど、チューニングがあっていないような・・・。
う~ん、今年突然、僕の耳がするどくなったとは思えないし(笑)、
今年は下手なメンバーが集まったというわけでもないと思うし・・・・。

これまで聴いてきたセレクションシリーズに比べて、この曲、同じ鈴木英史氏の編曲なのだけど、難しいんじゃないだろうか。
調の選択とか、オーケストレーションとか、何なのか、わからないけど・・・・。

さて、佐渡さんの練習は、1時間半程度。
どうするのか、与えられた時間の中で、なにをするのか、とても興味深かった。

どんな練習をしたと思います?
nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

つくりたいもの と 素材 [吹奏楽]

佐渡裕の指揮者アカデミー、受講者からの質問。
「自分の思っている音楽が、奏者に伝わりきらない」→「指揮者としてつくりたい音楽と素材のギャップ」

「現場では、ビーフカレーを作ろうと思って来ても、海老カレーになっちゃうこともある。」
「午前中は、子供たちのオケを振っていてのだけど、こちらが言ったことを何倍にもして返してくれるのだけど・・・。それは、たとえパリ管を振っていても、ベルリンフィル・ウィーンフィルではないのであって・・・・。レベルは違っても、どこまでもついてくる問題。」

「音楽は、その瞬間瞬間、そこに存在するものが、最高に大切なもの」
「奥さんに、こんな女性になってくれって言い続けても無理じゃない? 逆に、自分に加齢臭をなくしてくれ、といわれても困るし」
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

初級カウンセリング講習 3日目 [学校]

初級カウンセリング講習 3日目の午前中は、開善塾教育相談研究所 所長 金澤純三氏の講義。

とにかく、おもしろい! 民間パワーというか、先生(教員免許をもっている)だからといって、能力は担保されていない(→だから、勉強してね。研修してね。)(普通の人が、マリナーズに突然入団しても、イチローみたいにヒットを打ったりできないでしょ、それなりの能力とかが必要)
みたいな、ちょっと辛らつな教師批判も交えながら、3時間、あきさせることなく、話を展開。
なんとなく、「綾小路きみまろ」風だったりしたように思う。

不登校に対しては、早めの対応が大切である。それは、現場の先生が、ということが主な内容だったとは思うのだけど、
実際に、不登校の生徒を復帰させた実例についても話をしてくれた。
その中で、子供の部屋に入った時に、その子が一番大切?にしているものを見つけ出せなくてはダメだと。

そして、問題点がわかっても、それは直接は言わない。
一番大事なことは、言わない。
問題点がわかったら、それをどうするか、だと。

なんか、この辺に、カリスマ的な力を現場で発揮している方の、「極意」みたいなものを垣間見た気がした。

問題点をすばやく見抜く力、そして、その問題点を解消する手段のレパートリー。
で、多くの場合、その問題点は口にしない方がいいのですよね。きっと。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(1) 
共通テーマ:音楽

金融政策 [学校]

「社会科・公民科教員のための経済サマーセミナー」、「貨幣と金融」の講義。

金融政策の手段
① 公開市場操作(オープンマーケット・オペレーション)
② 公定歩合 基準割引率および基準貸付利率の変更
③ 支払い準備率操作、預金準備率操作

実は、上の「公定歩合」「公開市場操作」「預金準備率」によって、景気をコントロールするというのは、中学生のときから知っていました。中学校の授業で習ったのですよね。(まあ、3年生の公民の時間は週5時間あったわけですが・・・)

教師になってからも、わかってもらえたかどうかは別にして、つい、3つについて「語ってしまう」ことが多かったのですが、近年は、時間の問題もあり、試験にも出る「公定歩合」についてだけ、みたいになっていました。

ところが、今回話を聞いてびっくり。公定歩合という言葉すら、今は使っていないとのこと。基準割引率および基準貸付利率というのですね。
「預金準備率操作」も、1991年10月以降おこなっていないとのこと。
金融政策の最も代表的な手段は、「公開市場操作」なのだそうです。

これまでも、「公定歩合=日本銀行が金融機関に資金を貸し出すときの金利」が、なぜ、銀行の貸出金利や預金金利に連動するのかが、ブラックボックス状態だったのですが・・・。(今回、ちょっとわかった気もするのですが・・・)

地理も、歴史も、公民も、いろいろ変化するのですね。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(1) 
共通テーマ:音楽

2杯目はもっとおいしく! [吹奏楽]

富士山河口湖音楽祭2009、佐渡裕による指揮者アカデミー、今年は、保科洋作曲「風紋」。

同じフレーズとかが、2度目に出てきたとき、どう扱うか。 「2杯目はもっとおいしく!」

昨年のアルメニアンダンスの初めの部分でも、同じような指摘があったように思う。

どうすれば、「おいしく」なるかというのは、むずかしいとは思うけど・・・。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

リーダーになる人の たった1つの習慣 [吹奏楽]


リーダーになる人の たった1つの習慣

リーダーになる人の たった1つの習慣

  • 作者: 福島 正伸
  • 出版社/メーカー: 中経出版
  • 発売日: 2008/10/29
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
ざっくり言えば、「サーバントリーダーシップ」ということなのだと思うのだけど、
30分で読んで、泣きました。

「学級経営」とかいうのだけど、経営と教育は類似点が多いというか、まあ、人間との絡みという点では、同じなのかもしれません。

ちなみに、「ざっくりと言えば」というフレーズ、ちょっと気に入ってしまって、使いたくてしょうがないです。
nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

富士河口湖町民プール [家庭]

090819_1642~001.jpg富士河口湖町のステラシアタの隣にある、町民プール。

トレーニングジムの施設などもあって、フィットネスクラブが運営しているようなのだけど、
会員にならなくても、施設だけでも使用できるシステム。

町外は大人800円なのだけど、トレーニングマシンや屋内プール、お風呂が使用可能。

シューズも、ウェアも車に積んであったので、ちょこっとトレーニングしてみました。
エアロバイク、すべてにテレビ付きだし、筋力トレーニングのマシンもいろいろあるし、楽しかったです。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

博物館利用検討委員会 夏季研修 [学校]

昨年に引き続き、博物館利用検討委員会、略して、博利検(はくりけん)の夏季研修に参加させていただきました。

① 糸紡ぎ・糸車体験(小学校1年生国語科「たぬきの糸車に関連して)
② 常設展示室調べ学習(小学校6年生歴史 ワークシートを利用して)
③ まいぎり式の火おこし体験
④ 平安貴族体験(香の原料、織物、かな文字、盤双六)

火おこし体験、なかなかむずかしかったです。
火種とほぐち、そう、木をこすり合わせて、摩擦熱で「火種」をつくるのですよね。それは、炎ではなく、「お灸」みたいなもので、それを「ほぐち」といわれる燃えやすいものにつけて、炎になる。
火打石も「ほぐち」がないとダメ。

実際にやってみる、っていうのは、大切なことだなぁ、と思います。


090819_0953~001.jpg090819_0938~001.jpg090819_0933~001.jpg

綿花を、博物館で栽培しているそうです。ゴールデンウィークの頃、種まきをして、秋に収穫。
枝とかは、すごく硬いのだそうです。

「綿」って、すごく身近なものだと思うのですが、意外に、何も知らなかったことに気がつかされます。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

需要曲線 供給曲線 [学校]

image3.jpg「社会科・公民科教員のための経済サマーセミナー」、最初の講義「ミクロ経済学」では、「需要曲線 供給曲線」について、講義内容は、その言葉の意味ぐらいまでだったのだけど、配布された資料には、そのグラフをシフトする内容が書かれていた。

この「需要曲線 供給曲線」、昔は、中学校の教科書にも載っていたのだけど、近頃は、「きゅうり?の出荷量と価格」のグラフだけになってしまった。需要が一定だと仮定して(寒いからきゅうりが食べたいとか、暑いからきゅうりが食べたくなるということはない)、供給が増えれば、価格が下がり、供給が減れば、価格が上がるのを読み取ろうというもの。

教師になりたての頃、この「需要曲線 供給曲線」、よくわからなかったので、経済学部の後輩(吹奏楽部の後輩でもある)に、聞いたことがあるのですよ。その時、グラフをシフトするというのを教えてもらいました。jyuyou_kyoukyuu_6.gifその後、指導書などに書いているのを見たことなかったし、指導者の先生?方も知らないみたいだったので、ちょっと、優越感みたいなのを感じていたのですが(笑)、経済学部で学んでいれば、知っていて、当たり前の内容だったのかもしれません。

ちなみに、「曲線」なのですが、今回の講師の方も、皆さん、「直線」で書いていました。どうでもいいそうです。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

ミクロ経済学 [学校]

「社会科・公民科教員のための経済サマーセミナー」、最初の講義は、「ミクロ経済学」=「個別の経済主体の行動を分析」ということなのだけど、
「需要曲線と供給曲線」についての話が中心であった。

高校生でも、需要と供給という言葉の意味で、つまずいてしまう子もいるという状況があるらしい。

ちなみに、僕が授業で需要と供給の話をする時は、

突然、自分の上履きをぬいで、「これは、先生のにおい付き、汗のしみ込んだ上履きなんだけど、これをオークションに出しても、価格は0円だよね。供給は1、世界に一つしかないのだけど、需要(欲しい人)は、誰もいないから、0円。でも、これが、キムタクとか、仲間由紀恵とかのだったらどうだろう? きっと、高い値段がつくよね。それは、供給が少なくて、需要(欲しい人)が多いからだよね。」

という、わけのわからない話から始まることが多い。
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

社会科・公民科教員のための経済サマーセミナー [学校]

千葉商科大学 エクステンションオフィス主催の「社会科・公民科教員のための経済サマーセミナー」というのに参加しています。
8月17日から21日の5日間、9:00~4:00まで、無料でおこなわれています。17日、18日の2日間、受講させていただきます。

17日 ミクロ経済学 マクロ経済学 市場の失敗と政府の役割
18日 財政 金融 金融危機とアメリカ経済

今年で、7年目の開催なのだそうです。

僕は、経済学部経営学科卒業なのですが、勉強していないので、全く詳しくありません。
6時間近くの講義で、学生の頃なら、絶対、睡眠学習状態になっていたと思うのですが、さすがに、寝てしまうことはありませんでした。(笑)
090817_0900~001.jpg090817_1246~001.jpg

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

ソフトケース [吹奏楽]

僕が大学の頃は、チューバを買うと、それを運ぶのに車も必要。
えっ、チューバを運ぶのに車も手に入れたんじゃないの?、チューバじゃなくて、女の子をよく運んでいるみたいだけど・・・、なんて話があった。

近頃は、チューバに限らないけど、ソフトケースというのが普及していて、担いで移動という姿をよく見る。

ホルンのソフトケース?で、自転車に乗っている姿は、カメさんみたいで、楽しい!
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

My 楽器 [吹奏楽]

大学時代は、家庭教師のアルバイトもやっていて、そこそこの収入もあったわけだし、
「経済学部というよりは、吹奏学部の卒業です。」みたいなことをいうぐらい、吹奏楽部中心の生活をしていたのだから(笑)、4万8千円の楽器を買い換えても、おかしくないのだけど、
YAMAHA YFL-31をこよなく愛し続けた。

就職してからも、金銭的には可能だったのだろうけど、新しい楽器を購入しようとは思わなかった。
(音の違いがわからなかったからかもしれないけど・・・。)

でも、安い楽器を吹き込み続けていたわけだから、風が吹いても鳴る、みたいな、いいんだか悪いんだかわからない楽器になってしまい、さすがに、新しい楽器が欲しくなっていたとき、

新大久保のDACという楽器屋さんの営業の方から買ったのが、今の楽器。中古の村松、金メッキ、35万円。
どういう楽器なのか、全然わからないのだけど、気に入っています。


nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

YFL-31 [吹奏楽]

高校から吹奏楽部に入り、フルートを始めたのだけど、最初にふれた楽器は、学校にあったヤマハの一番安い、カレッジモデルのYFL-23だった。(YLだったかも)

で、マイ楽器が欲しくて、
高校2年の冬、年賀状の郵便配達のアルバイトをして、親からも少し出してもらって、購入したのがYFL-31。頭部管のみ銀製というやつ。

ちなみに、定価6万円。水道橋の下倉楽器で、2割引の4万8千円だったと思う。
35年前の話ということになる。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

フルートの頭部管 [吹奏楽]

フルートの頭部管を試奏させてもらうという機会がありました。

でも、音の違いというか、吹きやすさ?の違いというか、全然わからない人なのですよね、僕。
いや、「だった」のです。
だから、生徒が楽器を購入するとき、トランペットなどには、
「全然、音が違うので、できるなら、ぜひカスタムを購入して!」とか言うのに、フルートについては、
「まあ、耐久性はともかく、音はそんなに変わらないから、YAMAHAのYFL-211で充分だよ」みたいなことを、本当に言っていたのです。

近頃、YAMAHAのYFL-211とYFL-514の吹き心地の違いみたいなものが、やっとわかるようになりました。
YFL-211は、軽く反応するけど、音が薄い?
YFL-514は、しっかり息を吹き込まないと、はねかえされてしまう。

微妙な部分とか全くわからないし、表現も稚拙なのですが、少しだけ、違いがわかるようになりました。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

大阪府吹奏楽コンクール [吹奏楽]

吹田メイシアターでおこなわれた大阪府吹奏楽コンクール中学校の部A組。
北摂地区、北地区、中地区、南地区、4つの地区から選出された31団体が出演。前・後半の完全入れ替え制。

課題曲については、
Ⅰ 2校
Ⅱ 7校
Ⅲ 1校
Ⅳ 21校 であった。

完全入れ替え制で、審査結果発表も、前半と後半で別。ただ、関西大会への代表の発表は、後半だったけど。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(1) 
共通テーマ:音楽

お好み焼き [家庭]


るるぶ大阪ベストセレクト’09~’10 (るるぶ情報版 近畿 14)

るるぶ大阪ベストセレクト’09~’10 (るるぶ情報版 近畿 14)

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: ジェイティビィパブリッシング
  • 発売日: 2009/02/27
  • メディア: ムック
「るるぶ大阪」によれば、
「お好み焼き店の大部分は、スタッフが焼いてくれるスタイルなので初心者でも安心だ。」

お好み焼きといえば、自分たちで焼くのも含めて、楽しいみたいな部分があると思うのだけど、
店員さんが「焼いてくれる」というのも、なかなか、贅沢な気分になれて、うれしかったりする。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

なんばグランド花月 [家庭]

090811_1528~001.jpg「なんばグランド花月」、実は2回目です。
お盆特別興行ということで、1日3回公演、3:45からの3回目を見ました。入場料は5000円。全席指定。
(ちなみに、通常は、1階席4500円、2階席4000円のよう。)

実際に、始まったのが、4:00。終演は、6:45で、約3時間の公演。

ついつい、どんな構成になっているのかな、みたいな感じで、時間をチェックしてしまったりします。
1 ストリーク 10分
2 COWCOW 10分
3 メッセンジャー 10分
4 Wコミック 10分
5 ジャグリングのパフォーマンス 10分
6 大木こだま ひびき 15分
7 オール阪神・巨人 15分
8 桂文珍 20分
休憩
9 吉本新喜劇 1時間

お客さんもネタにするというか、客席を巻き込んでのパフォーマンスはさすがだなぁと感心してしまう。
さらに、気がついたのは、自分たちのプライベート?を話題にするという手法かな。
090811_1531~001.jpg090811_1534~001.jpg

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

料金システム [家庭]

高速道路のETC割引についてもそうなのだけど、いろいろな割引、規定があり、よくわからない。表示された金額が間違っていたとしても、実際、わからないと思う。
携帯電話の料金システムもそうで、オプションの規定にいたっては、なにがどうなっているかわからない。
考えてみれば、保険やコンピュータソフトの使用規定の同意、レンタカーの契約の説明等々、よくはわからないまま、サインしていたりすることも多い。
まあ、常識はずれな、詐欺まがいのことは書いていないと信じているわけだし、こちらが、ずるいことをしようと思わない限り、「消費者」は守られていると思っているのだけど、

甘いだろうか?

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

削除済みアイテム フォルダを空にする [コンピュータ]

電子メールについては、OfficeのOutlookを使っている。
Outlookだと、「削除済みアイテム フォルダを空にする」は、メニューバーの「ツール」から、選択するのだけど、
OutlookExpressだと、「編集」のプルダウンメニューから、「削除済みアイテム フォルダを空にする」を選択することになる。

どの下?にあるのかというのが、結構、難しかったりするように思う。


エクセルの「改ページ」が「挿入」にあるというのも、なんかマニアックな気がする。
2007になって、ページレイアウトにあるという方が、自然だとは思うのだけど、「挿入」にあるのに慣れていると、ちょっと違和感を感じたりするのですよね。

三重県吹奏楽コンクール [吹奏楽]

三重県の場合、支部大会はなく、全県の小学校から一般までのコンクールを5日間でおこなっているよう。
7月25日 中学校B編成
7月26日 中学校C、小学校
8月5日 高等学校C・B編成
8月9日 中学校A編成・一般
8月11日 大学、高等学校A編成

プログラムによれば、中学校B編成出場団体数は、38団体。中学校A編成は、19団体。
課題曲については、Ⅰが2団体、Ⅱが6団体、Ⅳが11団体。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(1) 
共通テーマ:音楽

1250円 [家庭]

6時間以上走り(休憩を含む)、400㎞近くを移動して、1250円。(この250円がどこで加算されているのかは、よくわからないのだけど・・・)

金額が表示された瞬間の「お得感」は、なんとも言えません。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

D編成 コンクール [吹奏楽]

D編成のコンクールでした。賞をいただくことはできませんでした。

審査員の先生方の講評です。

A先生
元気な演奏、よかったです。
ながれ、Tempo感、少しずつ重くなるので、推進力を持てればと思います。
フォルテの音、ひろがりすぎないよう注意。息のスピードで音を遠くへ飛ばすイメージが必要と思います。

B先生
熱い気持ちが伝わってくる演奏で良かったです。
よりチャーミングなサウンドを目指して、一人一人の基礎力をしっかり磨いていってほしいです。

C先生
とてもしっかりしていてソフトなサウンドの演奏だったと思います。但し、個々のピッチ、くせ(特に音のあと押しetc)が気になる箇所がありました。バンドはソロの集まりです。個々のレベルを上げることがいいサウンドを作る一番の近道です。一人一人が基礎からしっかり音作りをして下さい。今後の成長期待します。頑張ってください!!

D先生
どの場面にも表情はあります。その特長をしっかり引き出し、音でハッキリと伝えてほしいです。
テンポが時々ゆるみます。
音の立ち上がり、音のスピードについても、より勉強してほしいと思いました。
合奏の基本を大切に、丁寧な演奏を心掛けて下さい。

E先生
冒頭、トランペット、少しアタックが強すぎますね、よく吹いているのだが。バランスもとりましょう。
木管のピッチに気を付けて。
後押しの歌い方になっています。
全体としてもバランスを考えよう。
リズムも少し縦の線が乱れています。
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

小学生来校 [吹奏楽]

学区内、窓から校舎の見える小学校の音楽クラブの皆さんが、練習に来てくれました。

フルート、クラリネット、サックス、トランペット、トロンボーン、ユーフォ、チューバ、パーカッションなどの楽器があり、本当に目の前なので、チューバ以外の楽器は手に持って、歩いて来てくれました。

3年生は引退し、1年生は、コンクールに向けての練習ということで、2年生のみでの対応となりました。
急遽決まったので、10時半から、12時ぐらいまで、パートごとの練習と、最後30分ぐらい、小学生の皆さんが練習している、「鉄腕アトム」と「シンクロボンバイエ」?を一緒に合奏しました。

ぜひ、また来校してください!
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

近近めがね [家庭]

遠近両用メガネというのも持っているのだけど、なかなか使いづらく、使用頻度は多くない。(せっかくだから遠くも近くもよく見えるようにと思い、度の差を大きくしすぎたのがいけないのかもしれない。)

逆に、使用頻度が増しているのが、「近々メガネ」。パソコン作業などの時には、手放せないという感じ。
40代後半から、近くのものを見たり、本を読むのに、メガネをはずすことが多くなっていたのだけど、
50才を過ぎ、メガネをはずさないと、近くのものは見えなくなった。

パソコンの画面などは、微妙で、メガネなしだと目を近づけないと見えないし、普通のメガネをかけていると、しかめっ面をするような感じになる。

で、「近々メガネ」。
ただ、度を弱くしただけではないらしいのだけど、そのしくみはよくわからない。
でも、楽。
なんか手放せない気分。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽