So-net無料ブログ作成

ROOKEIS ドリームメドレー その3 [吹奏楽]

「ROOKEIS ドリームメドレー」の練習記号Mの前、抗争シーン?が終わるところ、
「タタ--ン」というところ、どっかで聞いたことがあるんだけどなぁ・・・・と思っていたのだけど、

「スパイ大作戦(ミッションインポッシブル)」の終わり方だと思う。

生徒に、「ほらっ、どっかで聞いたことあるでしょ」とかいっても、わからないはずだよね。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(1) 
共通テーマ:音楽

ROOKIES ドリームメドレー その2 [吹奏楽]

文化祭等へ向けて、ということで練習中の、ミュージックエイト版「ROOKIES ドリームメドレー」。

Aからのテーマ、まずは、ホルンとトロンボーンのユニゾンで演奏され、くり返しの2回目で、オーボエ、ソプラノサックス、クラリネットが加わる。
さらに、転調して、サックス、トランペット、ユーフォニアム、ファゴットで、もう一回、となっている。

くり返し2回目の木管が加わったときの、厚みが増えました感が、うまくでないのですよね。(転調した後は、さすが、トランペットの威力という感じなのだけど)

ユニゾンなのだから、もっと「合わせる」ことが必要なのか、木管のメンバーに、「私達、メロディーです!」意識を、もっと持ってもらうことが必要なのか?

まあ、両方なのだろうけど・・・。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

ROOKIES ドリームメドレー [吹奏楽]

文化祭等に向けてということで、「ROOKIES ドリームメドレー」というのを練習中。

ウィンズスコアからも、ROOKIESメドレーは出ているみたいなのだけど、これはミュージックエイト版。

スコア表紙の解説によれば、
「1998年から雑誌に掲載され、2008年にTVドラマ化されて大ヒットとなった「ROOKIES」。そして映画化されてさらに話題となった。これはその中から「メインテーマ」「愛のテーマ」「キセキ」「遥か」、それにBGMを数曲抜粋し、メドレーとしたものである。」とある。

「キセキ」は、昨年ミュージックエイト版で演奏したことがあるし、使われている曲は、どれも聞いたことのあるようなメロディーではあるのだけど、なにしろ、ドラマは見てないし、映画も見てないし・・・。

とりあえず、ドラマ版のDVDをちょこっと見てみたのだけど、う~ん・・・・。


練習記号Jからは、シロフォン&ヴィブラフォンのソリになっていて、ちょっと鈴木英史氏のセレクションシリーズぽかったりして・・・。
Kからは、抗争、けんか、戦い、のシーンだよね。そして、Mからは、戦い終わった男たちが歩き?始める、みたいな感じかな。
Mからのバリトンサックス、トロンボーン、ユーフォ、St.Bs、チューバのソリは、戦い終わった男たちの雰囲気を出したいなぁ(笑)
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

ヤッターマン BrassRock [吹奏楽]

文化祭等に向けての曲ということで、ウィンズスコアの「ヤッターマン BrassRock」を練習中。

スコア裏表紙の曲目解説によれば、
「・・・ヤッターマンが活躍する曲ではなく、三悪のボケ担当“ボヤッキー”が男前でカッコ良く登場するシーンです!」とのこと。

演歌調というか、思わずコブシを入れたくなっちゃうようなメロディーや、お祭りみたい感じは、はっぴなんかも似合うかも。まあ、2分半の曲ではあるけど。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

9重奏 [吹奏楽]

吹奏楽連盟のアンサンブルコンテストの出場規定では、8重奏まで。
クラリネットのメンバーが1、2年生で、その人数を超える場合は、複数チームに分けてきた。

でも、他のパートと同じように、パートみんなでやりたいという気持ちもあったと思う。
また、代表になったら、オーディションで人数を絞るという手もないわけではないのだけど・・・・。


今回、クラリネットパートは、クラリネットクワイアーの楽譜を9人で演奏。
当初から、10重奏まで出場可能な、TAMAアンサンブルフェスタを目指すことになった。

でも、校内予選の目標は、校内予選1位通過。
そして、見事に2位となり、3位のトロンボーンに出場権を譲ることになった。
(まあ、今年度より、金管チーム優遇措置により、9重奏じゃなくても、譲ることにはなったのだけど・・・。)



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

カストラーデとカステレード [吹奏楽]

フルートパートが取り組んだ「フルート吹きの休日」(「笛吹きの休日」)の作曲者名を、「カストラーデ」と書いていたのだけど、インターネットなどで検索してもヒットする件数が少なすぎ。
村松楽器のホームページの楽譜の情報などをみると、「カステレード」となっている。
いろいろ検索してみると、「カストレード」というのもある。まあ、もとはフランス語なわけなので、近い発音は?ということなのだと思うのだけど。
「Casterede」というのも、本当は、「e」の上に、記号?がついている。

それにしても、なんで、何のためらいもなく、「カストラーデ」と書いたのだろう。何かを見たのかな?何の疑問も持たなかった自分自身に疑問。



nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

アンサンブルコンテスト予選会 [吹奏楽]

アンサンブルコンテストの予選会の結果は以下のようになりました。

第1位 フルート四重奏
第2位 クラリネット九重奏
第3位 トロンボーン四重奏
第4位 サクソフォーン七重奏
(T市立K中学校は除いた順位です。)

吹奏楽連盟のコンテストには、フルート四重奏、トロンボーン四重奏が参加することになりました。
nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

コンピュータ環境 [コンピュータ]

家で使用していた、VAIOのA4ノート、Eタイプが、熱暴走して、という話は、以前にも書いたのだけど、その症状はどんどん悪化、いろいろな手段を使っても、10分ぐらいで、電源が切れてしまうようになっていた。

で、次に家の光ファイバー回線に繋いだのが、メインで使っていたのだけど、ハードディスクが不安定で、新しいハードディスクに入れ替え、システムもインストールし直した、VAIO 505。
熱暴走を何とかして、という気持ちがあって、一時的な使用のつもりだったこともあり、マイクロソフトオフィスをインストールしないままでの使用という状況であった。
なので、メールソフトも、アウトルックではなく、アウトルックエクスプレスであった。
まあ、いろいろなものを経験してみるというのも、勉強にはなるとは思うのだけど、何をやるにもストレスがかかるというのも事実。

などといっているうちに、VAIO 505の画面が、暗くなってしまった! 液晶のバックライトがつかなくなってしまったのだろうか?

というわけで、たくさんの機材があるわりには、満身創痍という感じで、結構ボロボロです。

・・・ブログの更新が不規則になっている言い訳でした・・・・。笑
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(1) 
共通テーマ:音楽

3つの掟 その2 [吹奏楽]

アンサンブルに、パートごとに取り組むにあたって、チーム名、目標、3つの掟、を考えてもらいました。

金管、打楽器、5チーム分です。

ホルン
チーム名:弾丸 Horn`s Forever
目標:昨年よりいい結果を残す! めざせアンコン!!
3つの掟
 パー錬をしっかりする。でも、楽しく!
 わらいすぎない
 朝錬にちゃんとくる。反省は・・・。

トランペット
チーム名:とろけるソフトクリーム
目標:総合1位でアンコンに出る!! 打倒フルート!!
3つの掟
 練習の時は必ず返事をする
 ・・・のソフトを溶かさない
 あまり硬くならず明るく楽しくパート練習をする

トロンボーン
チーム名:スーパー愛らしいなまけたミミズ
目標:1位2位をとる!!
3つの掟
 朝錬は来れる日はちゃんと来よう!
 笑顔を大切に!!
 時間を有効に使う!!

ユーフォニアム&チューバ
チーム名:あわてんぼ―MYRS
目標:アイコンタクトをしっかり☆
3つの掟
 アイコンタクトをする
 出だしを合わせる
 最後まで一生懸命やる(あきらめないで)

パーカッション
チーム名:さけるチーマー
目標:最後まであきらめない。粘る!!
3つの掟
 楽器の練習をする
 行動をはやくする
 合奏中静かにする

ホルンパートのチーム名「弾丸 Horn`s Forever」は、数年変わっていないような気がする。手抜きともいえるかもしれないけど、なんか「伝統!」みたいで、いい感じがする。 まあ、Foreverだしね。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

3つの掟 その1 [吹奏楽]

アンサンブルに、パートごとに取り組むにあたって、チーム名、目標、3つの掟、を考えてもらいました。

まずは、木管(コントラバスを含む)の4チーム分です。

フルート
チーム名:横笛吹きカルテット
目標:きれいな音でハモッて響きのある演奏をする
3つの掟
 地道に努力する
 仲良くする
 常にいい音で吹けるように心がける

クラリネット
チーム名:SHY2NNN~とび出せアルパカ隊!~
目標:校内予選1位!!
3つの掟
 みんなの音を聞くべし!!
 すばやく行動するべし!!
 今日より明日よ・・・うまくなる

Wリード&C.バス
チーム名:筋肉痛の妖精
目標:いい結果を残す!!
3つの掟
 合奏もちゃんとやる
 パー練、個人練大切に
 シップを貼らない

サックス
チーム名:SAXパートの愉快な仲間達
目標:アンコン予選通過!!
3つの掟
 無断欠席禁止
 ニックネームで呼ぶ!!
 楽器を大切に!
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

抽選会 [吹奏楽]

アンサンブルコンテスト校内予選会の出演順の抽選をおこないました。
今回は、T市立K中学校の3チームに出演していただけることになったので、12本の番号のついた鉛筆を9チームの代表が引くという形になりました。
また、パーカッションは1番ということでお願いしたので、正確には11本を8チームで、ということになるのですが、僕が間違えて、12本から8チームに引いてもらってしまいました。
が、たまたま、1番が残り、事なきを得ました。
残りの3枠をK中学校へ連絡し、順番を決めてもらい、決定したのが、以下の出演順です。

1 パーカッション4重奏 「ノームの森の物語」 高橋宏樹作曲
2 トロンボーン4重奏 「スリー・シティーズ組曲」  R.チャップマン作曲
3 ホルン3重奏  「6つの三重奏より」  ライヒャ作曲
4 ユーフォニウム・チューバ4重奏 「オアシスの娘と3匹の狼」 八木澤教作曲
5 サクソフォーン6重奏(T市立K中学校)「天国と地獄」 J.オフェンバック作曲 EarlGuy編曲
6 クラリネット4重奏(T市立K中学校)「森のスケッチ」より野ばらに寄す、懐しき思い出の場所で、リーマスおじさん E.マクダウェル作曲 C.W.ジョンソン編曲
7 木管弦楽5重奏 「テレプシコーレ舞曲」 プレトリウス作曲
8 サクソフォーン7重奏「ブエノスアイレスの春」  ピアソラ作曲 黒川圭一編曲
9 金管打楽器6重奏(T市立K中学校) 「テレプシコーレ~4つの舞曲」  M. プレトリウス作曲  P.リーヴ編曲
10 フルート4重奏 「フルート吹きの休日」  カストラーデ作曲
11 クラリネット9重奏 「プスタ」 J.D.ロースト作曲
12 トランペット5重奏 「メリーウィドウより」 レハール作曲 日景貴文
nice!(0)  コメント(3)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

演歌メドレー 冒頭 [吹奏楽]

演歌メドレーの冒頭、津軽海峡冬景色の初めは、4拍目から、アクセント付き八分音符の3連符で始まる。

かっこよく始めたいのだけど、なかなか、出だしでもあり、しっかり聞こえてこない。
はっきり出てほしいと思って、4拍子なので、3拍空振りしていたのだけど、思ったようにいかないので、

「ここは、1、2、3、タタタ、じゃなくて、3つとも、1・1・1みたいな感じでやって。」とお願いしてみた。

と、自分で言ってみて、(じゃぁ、なんで3つ空振りするのだろう)と自分で思い、3拍目を、強く叩きつけてみると、これが、見事にうまくいったりなんかして!

「なに、結局僕のせい?」と、自分で勝手に自虐的に・・・笑

挙句の果て、本番では、始める瞬間に、頭の中が真っ白になり、全然思うようにやれなかったのだけど・・・・。
nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

敬老会 パンフレット [吹奏楽]

keirou.jpg老人デイケア施設での敬老会で演奏させていただくので、演奏曲目とかを載せたパンフレット?みたいなものを作成しました。

裏には、今後の演奏予定を印刷しました。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

ディレクターズバンド [吹奏楽]

ジャパンバンドクリニックが三重県の合歓の郷でおこなわれていた頃、
参加者で、ディレクターズバンドを編成し、オープニングのコンサート等で演奏しましょうというのに、参加させてもらったことがある。

前日の午後に入って、キャンパーズホステルという、2段ベッドで、部屋風呂はなしという施設に泊まり、
全然会ったことのないメンバーで、編成という感じであった。音大生(短大?)が、何名か入ってくれてはいたけど。

楽譜が配布され、初見で合奏が始まるのだけど、最初、トゲトゲ?としていた音が、2時間ぐらい合奏をしていくと、なんかマイルドになっていくのが、不思議であった。

一つのサウンドにまとまった、とまではいかないかもしれないけど、
初見だったのが、少し練習して、余裕ができた、というのもあるかもしれないけど、
指揮者が、部分的にはバランスを指示したというのもあるかもしれないけど、

「煮込む」みたいな時間も大切なのかもしれない。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

nice! [雑感]

いただいた「nice!」が100になった。

「nice!返し」というのをしないせいもあるとは思うのだけど、1500以上の記事があって、100というのは少なすぎるかも。
人見知りするというか、他人とのコミュニケーションを避ける傾向にあるというかの、僕のキャラが影響しているのかも。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

チャップマン作曲「3つの都市の組曲」 [吹奏楽]

トロンボーンの4人が取り組んでいるのが、チャップマン作曲「3つの都市の組曲」。

「スリー・シティーズ組曲」、「SUITE OF THREE CITIES」。

「FANFARE」、「EXTENSITY」、「DIVERSITY」、「ECCENTRICTY」の4つの部分からできている。

3つの都市の情景を描いたわけではなく、「おやじギャグ」というか、「ダジャレ」みたいなものだったわけね。

「FANFARE」は、ファンファーレということだとして、
「EXTENSITY」は、「広がり」?
「スリー・シティーズ組曲」という東京メトロポリタン・トロンボーン・クァルテットのCDの曲目解説だと、「広がり」となっていて、「進展性」とも訳せるとなっている。(第1楽章アンダンテ)

第2楽章モデラートは、「DIVERSITY」で、「異なり」「多様性」。

第3楽章アレグロモデラート「ECCENTRICTY」は、「風変わり」「異常性」。

「ファンファーレ」と「ECCENTRICTY」をやることになりそうなのだけど、
第3楽章アレグロモデラート「ECCENTRICTY」は、
どこか移り気な感じの主題が拍節感の交替を従えつつ進み、反復音形を用いた中間部(静か)も確かに風変わりではある。」とのこと。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

プスタ [吹奏楽]

クラリネットパートが、クラリネットクワイヤーの楽譜で、ヤン・バン・デル・ローストの「プスタ」に取り組んでいる。
まあ、コントラバスクラリネットも、コントラアルトクラリネットもないので、低音はバスクラリネットが一人でがんばっているのだけど。

で、この「プスタ」については、強烈な思い出があるというのをかつて書いた。(http://blog.so-net.ne.jp/kitachi/2006-05-04

「リクディム~4つのイスラエル舞曲」と「プスタ」の2曲の楽譜を用意し、グレード的には、「リクディム」の方が低いので、そちらの方が正しい選曲なのかもしれないのだけど、クラリネットパートが「プスタ」の方を選んでくれて、なんかとてもうれしかった。

で、「プスタ」のCDを聴いていると、なんともいえない気持ちになるのですよね。
その曲調もあるのかもしれないけど、胸がしめつけられるような?気分になります。
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

中村八大メドレー [吹奏楽]

今回、敬老会で演奏するミュージックエイトの「中村八大メドレー」は、僕の選曲。
「帰ろかな」、「こんにちわ赤ちゃん」、「おさななじみ」、「遠くへ行きたい」、「上を向いて歩こう」、5曲のメドレーとなっている。

生徒は、「上を向いて歩こう」以外は聞いたことないみたい。(一部を除く)

かつて、N6中の時、演奏したことがあるということもあるのだけど、
51歳の僕の感覚からいくと、おじいちゃん、おばあちゃん達にも、絶対、耳なじみのある、懐かしい曲だと思う。


ちなみに、「こんにちわ赤ちゃん」は、我が家で買った、唯一のレコード。

我が家には、LPレコードをかけるステレオなどなく、あったのはレコードプレーヤーのみ。さらに、レコード自体を買うという習慣?はなく、雑誌のおまけについてくる「ソノシート」をかけるか、
百科事典の付録?についていた、「世界の名曲全集」(「双頭の鷲の下に」とか、入っていたような・・・)をかけるぐらいだった。

そんな中で、1枚だけあったのが、「こんにちわ赤ちゃん」だった。ドーナッツ盤というやつで、真ん中にアダプタみたいなのをつけて使用した。
nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

アンサンブルコンテスト校内予選 [吹奏楽]

今年も、パートごとにアンサンブルに取り組み、校内予選で、アンサンブルコンテスト出場チームを決めます。

フルート4重奏
 「フルート吹きの休日」 カストラーデ作曲

クラリネット9重奏
 「プスタ」 J.D.ロースト作曲

木管弦楽5重奏
 「テレプシコーレ舞曲」 プレスティ作曲

サックス7重奏
 「ブエノスアイレスの春」 ピアソラ作曲 黒川圭一編曲

ホルン3重奏
 「6つの三重奏より」 ライヒャ作曲

トランペット5重奏
 「メリーウィドウより」 レハール作曲 日景貴文編曲

トロンボーン4重奏
 「スリー・シティーズ組曲」 R.チャップマン作曲

ユーフォ・チューバ4重奏
 「オアシスの娘と3匹の狼」 八木澤教司作曲

パーカッション4重奏
 「ノームの森の物語」 高橋宏樹作曲

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

老人デイケア施設 敬老会 [吹奏楽]

9月20日(日)、老人デイケア施設 敬老会で演奏をさせていただくことになりました。

プログラムは、
1 演歌メドレー(津軽海峡冬景色・与作・浪花節だよ人生は)
2 手紙 
3 富士山 
4 崖の上のポニョ 
5 中村八大メドレー(帰ろかな・こんにちわ赤ちゃん・おさななじみ・遠くへ行きたい・上を向いて歩こう)
アンコール ふるさと (歌)

米寿のお祝いの賞状授与では、得賞歌を演奏させていただく予定です。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

6つの三重奏曲 作品82 [吹奏楽]


ホルン・アンサンブル

ホルン・アンサンブル

  • アーティスト: つの笛集団
  • 出版社/メーカー: EMIミュージック・ジャパン
  • 発売日: 1998/11/26
  • メディア: CD

ホルンパートがアンサンブルで取り組んでいるのが、このCDに入っている、A.ライヒャ作曲「6つの三重奏曲」。

楽譜を見ると、ホルンの「ラ」(実音D)とかが沢山出てきて、最高音はシ♭だったりして、ちょっと高いなぁと思っていた。
でも、やることに決めて、生徒に、楽譜とCDを渡しておいたら、
「先生!、楽譜と音が違います!」
吹いてみて、気がついたらしい。全体に1音低い音で演奏されているみたい。


そういうのって、ありなんですね。それとも、違う楽譜があるのでしょうか。


それにしても、僕は、絶対音感も相対音感もない人なので、CDを聞いても、絶対に「キー」の違いなどわからないのだけど、
その生徒も、聞いただけではわからなくて、吹いてみてわかったらしい。

その子は、ちゃんとホルンを吹けちゃうぐらいなのだから、(僕には絶対無理、だって、出している音が何の音かわからないのだから・・・)、きっと、絶対音感もあるのだろうけど(少なくてもある程度は)、気がつかなかったのですよね。
絶対音感にもいろいろなレベル?があるみたいですね。

まあ、ホルンみたいな移調楽器は、その辺も難しいのかもしれません。
このブログでも、「絶対音感があるので、ホルンの楽譜が気持ち悪い」っていう話があったように思います。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(1) 
共通テーマ:音楽

ホルンのヘ音記号 [吹奏楽]

ホルンパートが取り組んでいる、アンサンブル曲に、ヘ音記号のパート譜がでてくる。
hr1.jpg
現在の吹奏楽で使用する楽譜だと、低音部記号のヘ音記号では、inCで書くのが一般的なので、inFのヘ音記号というのにはちょっと違和感を感じるように思う。(ヨーロッパの楽譜では、inE♭のチューバとか、inB♭のチューバやトロンボーンなども入っているけど)

で、上記のホルンの楽譜の場合、
hr2.jpg
と考えるのには無理があると思うので、普通のならびのドミソだとすれば、

ホルンの場合、
ト音記号のときは、実音より5度上げて書き(実際に出る音は5度下)、
ヘ音記号のときは、4度下げて書く(実際に出る音は4度上)、
ということになるのではないだろうか。

一般的にどうなのかは、知らないのだけど、少なくとも、この楽譜はそうなっているように思う。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

家計簿で学ぶエクセルの基礎と応用 [コンピュータ]


500円でわかるエクセル2007―絶対使える!基本&上達テクニック (Gakken Computer Mook)

500円でわかるエクセル2007―絶対使える!基本&上達テクニック (Gakken Computer Mook)

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: 学習研究社
  • 発売日: 2008/01
  • メディア: ムック
パソコン講座、どのような内容にしたらいいのだろうと考えたとき、
せっかくだから、受講された方が、実際に使うようなことをやりたいな、と思う。

ワードについては、文字の飾りや配置、ワードアート、クリップアート、オートシェイプ(2007では「図形」というようになった)などは、年賀状や、ちょっとした連絡プリントなどにも、すぐ役に立つような気がする。

それに対して、エクセルについては、どうなのだろう?
確かに、表計算というのは便利だし、びっくりするような機能もあるのだけど、
教員でもなければ、成績処理をするわけではないだろうし、
家計簿だったら、専用ソフトの方が実際的だろうし、
住所録は、年賀状用のソフトみたいなのがあるだろうし、(僕も、年賀状の住所の管理は、「宛名職人」?を使ってたりします。)
それこそ、売り上げの分析をすることもないだろうし・・・・。

そんなことを考えていたら、この本でも、エクセルについては、
「家計簿で学ぶエクセルの基礎と応用」、・・・・で学ぶエクセルの・・・という表現になっていた。

いろいろな機能を「学んで」、自分のやりたいことに使っていくということなのでしょうね。

500円でわかるワード2007 [コンピュータ]


500円でわかるワード2007―絶対できる!思いどおりの文書作成 (GAKKEN COMPUTER MOOK)

500円でわかるワード2007―絶対できる!思いどおりの文書作成 (GAKKEN COMPUTER MOOK)

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: 学研
  • 発売日: 2008/01
  • メディア: 大型本

薄いし、カラーだし、500円だし、結構いいような気がする。
知っていると役に立つ操作のコツや豆知識(Tipsというのでしょうか)も、いろいろ載っているし。

まあ、ワードとエクセル、基礎編と応用編、4冊、買っちゃたので、2,100円にはなってしまったけど。
基礎編だけでも、充分、いろいろ書いてあるなぁっていう感じです。

学校開放講座 初級パソコン講習 [学校]

今年も、学校開放講座 初級パソコン講習を担当させてもらっています。

昨年度からの違いは、コンピュータ室の機材が、XPからVistaに変わり、ワードやエクセルなど、オフィスも2003から2007に変わったこと。

2007の「リボン」というインターフェースも、慣れてくると、確かに便利だなぁとも思うのですが、
最初は、ちょっと戸惑うのも事実。

使うというだけでなく、教えなきゃいけないという立場をいただいたおかげで、自分自身勉強できたかな、という感じです。

meno mosso [吹奏楽]

富士山河口湖音楽祭指揮者アカデミー、保科洋作曲「風紋」で、
meno mossoから、テンポが速くなる部分での話。

「ゆっくりした部分から、速くなる部分で、気持ちいい比率みたいなものがある。」
「40分かかるシンフォニー(交響曲)などでも、たとえば,第1楽章が、いろいろな条件から、ゆっくりめに演奏されたとしても、全体の演奏時間は、45分とか50分になったりはしない。西洋の音楽は、額縁の中に入っている。」

う~ん、わかるような気もするのですが・・・・。
フェルマータをたっぷりめに、ためた後は、テンポは速めになる、みたいなことも含まれるのでしょうか?
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

空間の音を聞く [吹奏楽]

富士山河口湖音楽祭の指揮者アカデミーで、
空間の音を聞こう。そうすると、荘厳な感じとか、堂々とした感じ、が出る」という話があった。

「周りの音を聞きあって」とか、「人の音を聞いて演奏」とか、よく表現するのだけど、
一歩進んだ、言い方だなぁと思った。

そう、そして、そんなことを意識するだけで、全体のサウンドが変化するのですよね。
人間って、不思議です。
nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

息のスピード(2) [吹奏楽]

マーチ「青空と太陽」のEから、トランペットがメロディで出てくる部分。

普通に楽器が増えました、というだけではなく、「トランペットが、出てきました!」みたいな、華やかな感じで、出て欲しいな、と思う。

この「トランペットが、出てきました!」感を出すために、音程とか?、音の長さとか、いろいろな細工があると思うのだけど、
「息のスピードを上げて!」という言葉、使えるんじゃないかと思うのですが。
nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

息のスピード [吹奏楽]

「ジャパニーズグラフィティXⅡ」は、前記事をはじめ、何回も記事にしている。

今回は、練習記号Cの8小節目について。
Cから、サックスのメロディがあって、この部分で、トランペットやトロンボーンなどが突然入ってくる。

強弱記号は、メゾフォルテ。特にアクセントの記号もついてはいない。

でも、突然、楽器の数も増えるわけだし、それまでの「歌」の部分ではなく、楽器によるバッキングなわけだし、インパクトのある音で演奏してほしいと思うのだけど、なかなか伝わらなかった。

「はっきりめに出て!」とか言うのだけど、今一歩、欲しい感じにならない。まあ、メゾフォルテではあるし、アクセントも付いていないわけだし・・・。

で、合奏しながら、いろいろ言っているうちに思いついたのが、
「それまでのメロディの、のびやかな息につられないで、息のスピードを上げて、速い息で吹いて!」

そうしたら、なんか、思うような感じになったのですよね。

息のスピードというのも、実体はよくわからないのだけど、演奏を変化させるキーワードとしては、有効かも。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

「ジャパニーズグラフィティXⅡ」と「ディープパープルメドレー」 [吹奏楽]

この前、吹奏楽部の卒業生と話をしていて、ニューサウンズインブラスの「ジャパニーズグラフィティXⅡ(銀河鉄道999、宇宙戦艦ヤマト)」は、きつい、つかれる、という話が出た。

ホルンの子、ピッコロの子が、そんな話をしてくれた。
さらに、「ディープパープルメドレー」より、「ジャパニーズグラフィティXⅡ」の方が、きつい、という話にまでなった。

理由は、休みがない、からなのだそう。

なるほど、そうなのか・・・。

で、思い出したのが、数年前の「市吹奏楽器楽フェスティバル」の時のこと。
「ジャパニーズグラフィティXⅡ」「翔べ!ガンダム」という選曲だったのだけど、
1曲目の「ジャパニーズグラフィティXⅡ」が終わったところで、結構、力尽きちゃったみたいな感じだったこと。

そうか、ハードな曲だったんだ。

まあ、その前年は、「たなばた」「ディープパープルメドレー」という選曲だったのだけど、
その時も、「演奏会は2曲演奏できれば、十分満足!」みたいな気分になったように思う。
nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽