So-net無料ブログ作成
検索選択

人見知り芸人 [吹奏楽]

父親ほどではないにしろ、人間を相手にする「教師」などという職業をやっているにもかかわらず、あいさつさえも満足にできない、周囲とできるだけコミュニケーションをとろうとしない自分に、負い目を感じていたりしたのだけど、近頃は、そういう存在も認知?されてきたように思う。

あるテレビ番組をみていたら、「人見知り芸人」特集というのをやっていて、お笑い芸人をやっているのに、コミュニケーション下手、みたいなのをやっていた。

男女の違いというのもあるようで、人間ドックなどでも、家内は、一緒だった人といろいろなことを話してくるけど、僕は、全然会話をしないまま、2日間が過ぎた。でも、これも、テレビで、男性グループと女性グループを一つの控え室に入れて、隠しカメラで・・・という企画があって、女性グループはすぐ会話が始まるけど、男性グループは話をしようとしない、というのを面白おかしく紹介していた。


ただ、僕の場合、吹奏楽関係については、ちょっとだけ性格が変化する場合があって、
市内の実技講習会の時、控え室にいた、市内の中学校を指導している外部講師の方に、自分から声をかけて、話をさせていただきました。
「リトルマーメードメドレー」のスコアを見ていらしたので、リズムのことについて質問し、その後、いろいろな話を聞くことができました。

向井千秋 英語 [吹奏楽]

スペースシャトルで、宇宙へ行った、日本人女性宇宙飛行士 向井千秋さん。
テレビとかで、向井さんの英語を聞いたとき、
「あっ これでもいいんだ!」と思った。

逆にいえば、僕にはちゃんと聞き分ける耳がないので、たとえば、「l」と「r」とか、ちゃんと区別して発音できているかどうかもわからないのだけど、
全体的な「調子」でいえば、日本語的、いかにも日本人がしゃべっている英語、という感じ。
でも、それで、ネイティブとバリバリ、何の違和感もなくコミュニケーションをしているのですよね。

海外旅行から帰ってきて(別に、何回もいったことがあるわけではないけど)、成田空港で聞く英語が一番わかりやすい、日本人のしゃべる英語が、一番理解しやすい、と思いませんか。
フランスの空港で聞く英語のアナウンスは、なんとなくフランス語っぽいし、東南アジアの空港で聞く英語は、比較的わかりやすい、イギリス人の英語が一番理解しづらい、みたいな(笑)。

レハール [吹奏楽]

喜歌劇メリーウィドウ・セレクションを練習していて、
作曲者のレハールは、どこの国の人ですかという、質問(指摘?)をもらった。

う~ん、知らなかったのですよ。で、インターネットで調べてみると、
ドイツ人を両親にハンガリーに生まれる。」

フランスのパリが舞台なのですが、作曲者はドイツ語を喋るのでしょうね。

この前の講習会の時、アウフタクトのところで、「音楽をやるなら外国語を学ばないと・・・」と、ボソッと言われたり、

このブログで書いたかどうかは忘れたのだけど、どこかの講習会で、マーチを題材に、英語、ドイツ語、その間のオランダ語、みたいな感じで、言語とスタイル(演奏の仕方)の関係についての話を聞いた事があったのに・・・・。

「アンケート」調査・分析ができる本 [学校]


授業評価・市場調査のための「アンケート」調査・分析ができる本

授業評価・市場調査のための「アンケート」調査・分析ができる本

  • 作者: 岩佐 英彦
  • 出版社/メーカー: 秀和システム
  • 発売日: 2009/10
  • メディア: 単行本


「アンケート」調査・分析ができる本、アンケート集計分析ソフトウェア[QA-Navi]30日体験版がもらえるということで、昨年末におこなわれたセミナーに参加した。

マークシートを読み取る専用の機械ではなく、普通のスキャナーを使って、読み取りをおこなおうというもの。

専用の用紙を販売している会社が主催しているもので、「学校アンケートの集計」ということで、ファックスがきているのをみて、参加申し込みをしてみました。

セミナー自体は、1時間程度の内容だったのですが、本については、いろいろ興味深い内容が書かれているよう。(まだ全然読んでいません。)

市内実技講習会 2 [吹奏楽]

市内実技講習会の最後に、各校1曲演奏しましょう、という企画があり、本校が演奏したのは、先日のコンクール新人戦で演奏した「吹奏楽のための風之舞」。

で、他の学校はというと、
第一中学校:「ブラジリアンポートレート」
第五中学校:「アップルマーチ」

ふと気がつけば、すべて吹奏楽コンクール課題曲。
う~ん、一口に課題曲といっても、いろいろなジャンルがあるのね、という感じ。

2月14日 バレンタインコンサート [吹奏楽]

定期演奏会の宣伝」で、すでに告知してしまってたりするのですが、2月14日(日)朝霞市民会館で開催されるバレンタインコンサートに出演いたします。

今年は、慶應義塾志木高校の皆さんと合同で演奏をします。

慶應義塾志木高校は男子校。本当は、女子高校生とコラボしたかったと思うのだけど、女子中学生で、ゴメンなさい。

演奏予定曲は、
パイレーツ・オブ・カリビアン~ワールドエンド~
カンタベリーコラール
コパカバーナ
木陰の散歩道 です。

市内実技講習会 [吹奏楽]

市内実技講習会が、第一中学校を会場に開催されました。

午前中、2時間半のパート講習。講師は、S大学吹奏楽部の皆さん。(ちなみに、僕は、S大学吹奏楽部のOBです。まあ、知ってる現役はいるわけもないのだけど 笑)

午後は、各校の2年生をメンバーとしたモデルバンドによる基礎合奏の講習が、2時間。
最後に、各校、1曲、演奏して、というプログラムでした。

おじゃまするわれわれは9時、現地集合だったのですが、8時に集合して、いろいろと準備をし、アシストしていただいた第一中学校の皆さん、本当にありがとうございました。

広報 にいざ [吹奏楽]

市の広報誌に、先日の成人式でのアトラクション演奏の写真が掲載されていました。

img001.jpg

まあ、特徴のあるヘアスタイルのため、指揮者は僕だというとがわかります。笑

2学期制 [吹奏楽]

高校だけでなく、公立中学校でも2学期制を導入する市町村が増えているらしい。

賛否両論、いろいろ議論があると思うのだけど、
授業数の確保、というのも観点の一つだと思う。

教師側としては、評価を出す回数が減るというのは、助かるというのも事実だろう。
でも、それは、試験の回数が減り、試験勉強の時間が減るということでもあると思う。

トータルに考えて、学力の向上には、どちらが、いいシステムなのか、というのは難しい問題のように思う。

バッテリー上がり [雑感]

車のバッテリーを上げてしまって、エンジンがかからなくなり、という事態に備えて、ブースターケーブルというものを車には常備している。

近頃は、そんな事態もほとんどないし、クレジットカードに付いている無料のロードサービスを依頼するほうが、見ず知らずの人にお願いするより、現実的だったりもする。

というわけで、昔の話になってしまうのだけど、(なので、記憶もちょっとあやふやなのだけど)
オートマチック車に乗るようになり、バッテリーを上げてしまい、バッテリーを新品に交換したのだけど、ギアのセレクタが動かなくて・・・という状況があった。

バッテリーを購入したガソリンスタンドに電話してみると、
「ギアのセレクタを前へ『コツン』と叩いてみてください。」

で、やってみると、見事に動くようになった。

(う~ん、そんなことどこに書いてあるのよ!!)

実際に、その場で、経験してみると存在する、小さな罠というか、トラップというか、障害というか、

この辺の部分って、理屈を知っていたり、知識としてはわかっているというのと、実際にやってみたことがある、経験したことがある、というのとの大きな違いの部分のような気がする。

電波状態 [コンピュータ]

スキー林間学校中、スキー場は、ウィルコムのPHSの電波は入るのですが、イーモバイルの電波はダメ。宿泊場所は、なんと、イーモバイルだけではなく、PHSの方もダメ。

宿泊場所は、道路沿いで、当たり前だけど、電気、ガス、水道、電話、何一つ不便することなく、「街」に生活しているのと変わりないのだけど、「電波状態」で気がつかされる、「林間」という感じでした。

まあ、もちろん、docomoとか携帯電話の電波は、きていたのだけど。

吹奏楽コンクール新人戦 [吹奏楽]

吹奏楽コンクール新人戦で、銀賞をいただくことができました。

審査員の先生方に書いていただいた「指導講評(特に夏に向けて練習すべき点もアドバイスください)」です。

A先生
課 音出だしの音の立ち上がりを揃える。バラバラです。
Perの切れが悪い。木管メロディーが浮いてこない。
勝手に吹いている感じがして、アンサンブルをしていない。細かいリズムが悪い。
自 こちらも立ち上がりの音が揃っていない。細かいリズムが取れていない。
メロディー走る。中間部Perアンサンブル悪い。

メロディーが全く浮いてこないの、メロディを出すバランスを取ってください。又、アンサンブルするように心がけて下さい。個々の練習を増やしてください。


B先生
・テンポ、リズムのとらえ方、感じ方に課題 有
 メトロノームのビートを最小単位にして基礎錬も曲錬も取り組んでみましょう。
・個々の楽器がもう少し、しっかり鳴らせるといいですね。
 そしてユニゾンも徹底的にピッチを合わせましょう。吹き方(アタック、息のスピード)をそろえることも大切です。
・生徒自身が気づいて解決できれば良いのですが、気づける力を身につけさせるのは先生の力です。こだわるべき点をしっかりこだわってみてください。
・全体的にやはり裏拍を感じられていません。なので、リズムが転んでしまったり、フレージングが自然に流れなかったりします。すべて八分音符にして演奏するなど、練習方法を工夫してみてください。


C先生
・Clセクションがもう少し豊かに響くと良い。(息が浅いように見えます)
・オーケストレーションが薄い所での「音程」を注意しましょう。
・管セクションとPercのバランスがとても良い。
・自由曲のC.Cymb → Soundがとても良いですね。
・先生の人柄が伝わって来るような演奏。(生徒たちに対する愛情が感じられます)
・夏が楽しみです。頑張って下さい。

第五回定期演奏会の宣伝 その1 [吹奏楽]

定期演奏会の宣伝用のチラシ裏面に、何も書かれていないというのもさみしいと思って、わけのわからない文章を載せている。後半は、担当者の「マンガ」になる場合もあるのだけど、初回は、だいたい顧問が作成している。

朝霞市立朝霞第三中学校吹奏楽部 第五回定期演奏会の宣伝 その1

淳子:朝霞三中の吹奏楽部が、朝霞の市民会館で第5回目の定期演奏会をやるらしいわね。
英明:昨年から、卒業生による演奏も加わり、盛りだくさんの内容だよ。
淳子:いつもの第1部「クラシック・オリジナル」第2部「パートアンサンブル」「卒業生バンド」、第3部「ポピュラー」というパターンね。ところで、どんな曲やるの?
英明:まだ、全然決まっていないんだよ。まあ、いつものことだけど・・・。第1部では、コンクールで演奏した「パリへの夜間飛行」はやると思うのだけど・・・。
淳子:そんなのんびりしたこと言っていていいの? 早く練習しなくちゃ、間に合わないわよ!
英明:この後、1月24日は、久喜総合文化会館でおこなわれる「第2回埼玉県コンクール新人戦」に参加させてもらったり、2年生のスキー林間学校、1年生のチャレンジ体験学習などの学校行事があり、2月には14日(日)に、慶応志木高校さんとご一緒するバレンタインコンサートがあって、その後は学年末試験前という感じで、3月に入って、3年生も含めた全員で、本格的に始動ということになるかな。
淳子:楽しみね!
英明:うん。4月4日(日)には、ぜひ、朝霞市民会館へおねがいしま~す!
淳子:そういえば、抽選会というのもあるのよね。
英明:入場の時に、チケットに名前を書いて抽選箱に入れてもらって、抽選会をやっているんだ。まあ、たいしたものが当たるわけじゃないのだけどね。ぜひ、部員からチケットをもらって、御来場ください!

ちらし 2010 [吹奏楽]

定期演奏会のポスター、ちらし用のイラストを募集したのですが、応募が少なく、締切を延長することにしたのですが、1月17日の市内吹奏楽器楽フェスティバルに間に合わせるために、提出されていた作品の中から、独断と偏見で、1つ選び、ちらしを作成しました。
poster.jpg

吹奏楽ゼミナール 編曲法 4 [吹奏楽]

2日目終了までは、「春の猟犬」と「運命の力」で、頭が一杯だったので、本格的に、編曲作業を始めたのは、2日目の夜。
10小節ぐらいでもいいということなので、とにかく、スコア2ページ分を目標にがんばることにした。

まずは、弦楽器のパートを6パートぐらい作って、inCで、楽譜を入力してしまい、その後、各パートに貼り付けていくという感じ。

一つのパートごとに、再生してみたり、フィナーレの操作方法をインターネットで調べたり(実は、この時間が最も長かったかも)、悪戦苦闘で、十数小節を編曲しました。寝たのは午前4時ぐらいかな。

で、つくったのがこれ。バッハ(オルガン)協奏曲第2番イ短調

まあ、パート譜作成は、自動的にできてしまうのですが・・・・。


演奏してみてのコメントは、
藤田先生は、「コンピュータを使っているので、音の間違いはないみたいだね。」「違う種類の楽器を重ねると、ピッチも合いづらいので、そのへんをどうするか・・・」「なかなか、ダイナミックな編曲で 笑」

演奏した学生さんからも、一言ということで、
学生さん:「2ndフルートの6小節目、十六分音符だけなのは、16部音符の動きを強調したいということですか?」
僕:「そうです。」(2ndフルートだけ、そうしても、効果は全くないかもしれないけど、気持ち的には、そういうことで)

学生さん:「ダイナミクスがほとんど書かれていないのですが・・・」
僕:「すみません。」(フィナーレの使い方のレベルで、コピーの仕方が、今一歩使いこなせないため、ダイナミクスとかをつけるのが面倒だったのです。まあ、オーケストレーションの薄い、厚いで、ダイナミクスの差を出そう、楽器の重なりが薄い部分でピアノと書いたり、厚い部分でフォルテと書いたら、「馬の馬糞、机上の上」みたいになっちゃうでしょ、という気持ちもあったのですが・・・。)

学生さん:「全体に音が厚すぎて、バロックの曲っぽくないですね。」
僕:「(うなづく)」(基本的に、1つのパートのみという部分をつくりませんでした。「っぽさ」みたいな部分って重要ですよね。)

ユーフォニアムの学生さん:「アーテキュレーションが書いてないのですが、、、」
僕:「忘れました。」(3、4小節目、コピーするのを忘れました。)

吹奏楽ゼミナール 編曲法 3 [吹奏楽]

上級コースの場合、3日間(1日目午後、3日目午前、計17時間)の講習のうち、5時間が編曲法の演習ということになるのだけど、(最終日の大学生のウィンドアンサンブルによる90分の試奏の時間は別として)
内容的には、藤田先生の講義とアドバイスが少しあり、あとは、自分達で編曲作業をする時間となる。

三和音だけでなく、いいと思った音の組み合わせを集めておこう、とか、
(自作「天使ミカエルの嘆き」を例に、音の組み合わせのカラクリ?について解説していただいた。)
パイプオルガンのしくみからの話、音を重ねる場合、内声は重ねない、メロディーも下には重ねない、とかのアドバイスがあった。
低音を補強したければ、ティンパニも使う、とか。

作業中、いろいろ質問すればいいのだろうけど、性格的にも、能力的にもできなかった。(笑)

藤田先生、さらさらっと、自分でスコア1枚分を書き上げられたのだけど(10分か、15分ぐらいかな)、
みせてもらうと、なんかそれっぽいのですよ。(笑)
僕なんかが、なんか言うこと自体、恐れ多いことかもしれないけど、スコアの見た目で、それらしい感じってありますよね。

自然な感じで音符が並んでいるのですよ。

不自然な感じで楽譜が切れていたりするのは、「美しくない」ように思うし、見た目で美しくない楽譜は、バランスも悪いのではないかと・・・・。  (つづく)

ポータブルハードディスク [コンピュータ]


Logitec USB外付型ポータブルHD 500GB ブラック LHD-PBF500U2BK

Logitec USB外付型ポータブルHD 500GB ブラック LHD-PBF500U2BK

  • 出版社/メーカー: ロジテック
  • メディア: エレクトロニクス


USBメモリも、いろいろなデザインのものとかがでているし、ポータブルハードディスクも、USB接続で電源が供給されて、大容量なのに、価格も1万円前後だったりして・・・・。
つい買っちゃたりしてしまうのですよね。

今回も、動画編集用に使おう、みたいな感じで、1つ購入してしまいました。上のものとは色、型番がちょっと違っていて(LHD-PBF500CBE5)、表面はメタリックレッド?だし、FAT32ではなく、初めからNTFSでフォーマットされています。

第2回 コンクール新人戦 [吹奏楽]

1月24日(日)に久喜総合文化会館で開催される、「第2回 埼玉県コンクール新人戦」に、参加します。

 9:50 開会式
10:00 春日部中学校(51名)
10:15 朝霞第三中学校(45名)
10:30 越谷北中学校(43名)
10:45 土屋中学校(40名)
11:00 松山中学校(35名)
11:15 白岡中学校(34名)
11:30 朝霞第五中学校(33名)
11:45 休憩
12:00 久喜南中学校(29名)
12:15 蕨第二中学校(29名)
12:30 蕨東中学校(28名)
12:45 草加栄中学校(24名)
13:00 川口北中学校(21名)
13:15 春日部飯沼中学校(19名)
13:30 昼食休憩 (45分)
14:15 埼玉栄高校 (79名)
14:30 大宮高校  (64名)
14:45 大宮光陵高校(60名)
15:00 墨田川高校(58名)
15:15 久喜高校(50名)
15:30 休憩
15:45 越谷南高校(45名)
16:00 立教新座(42名)
16:15 不動岡高校(40名)
16:30 慶応志木(39名)
16:45 昌平(34名)
17:00 休憩
17:10 招待演奏 一般アンサンブル2チーム
17:20 表彰式
17:50 終了

高等学校総合文化祭 高等学校音楽祭 [吹奏楽]

久喜総合文化会館で開催された、高等学校総合文化祭 高等学校音楽祭 器楽 合唱 吹奏楽、というのをのぞいてきました。

2日間にわたり、それぞれ30チームぐらいが参加。
ギター部、(1)年音楽選択者、リコーダー合奏、吹奏楽部、とか、形態もいろいろだし、人数も十数名から、100人を超える団体まで。

最後には、全体合唱ということで、「翼をください」を練習。
ゲスト演奏ということで、フルート独奏で2曲。



舞台で椅子を並べていたのは、高校吹奏楽部の同期でユーフォニアムをやっていて、高校の先生になったKくんではなかったのだろうか。今、どこで何をしているのだろう。

猪苗代湖自然の家 [学校]

1月25日から本校2年生は、スキー林間学校です。
市が、福島県猪苗代に施設を所有していて、小学校5年生と中学2年生は、そこで林間学校をおこないます。

施設の収容人数の関係で、前半後半に分かれての実施となります。

70%以上の生徒がスキー初心者。でも、3日間の講習で、皆、滑れるようになってしまいます。
http://blog.so-net.ne.jp/kitachi/2008-02-18
http://blog.so-net.ne.jp/kitachi/2006-02-06

吹奏楽ゼミナール 編曲法 2 [吹奏楽]

吹奏楽ゼミナール 編曲法
吹奏楽ゼミナールの上級コースには、藤田玄播先生の編曲法の講座がある。
与えられた楽曲を、編曲して、最終日に、モデルバンドで、実際に音を出してみるというもの。
・・・・今回、何を思ったか、チャレンジしてしまったのです。

今年の課題曲は、
バッハ編曲(オルガン)協奏曲第2番イ短調BWV539(参考:音楽之友社/新編 世界大音楽全集 器楽編54 オルガン名曲集Ⅲ 188頁)
となっている。

インターネットで検索してみると、「新編 世界大音楽全集 器楽編54」はすでに販売はされていないよう。
でも、ビバルディの2本のヴァイオリンのための協奏曲(RV522)をバッハがパイプオルガン用に編曲したものであるということとかがわかった。

さらに、インターネットの通信販売を活用して、楽譜やCDを買いあさった。(笑)
ただ、3楽章あるうちのどこをやるのかもわからないし、
「事前に編曲を概成しておくことがのぞましい」とか書いてあったけど、CDは買ってあっても聴いてもいない、という状態で当日をむかえてしまった。

コンピュータを使用するので、プリンタを車に積み、武蔵溝ノ口駅近くのビジネスホテルに宿泊するという、万全の体制(笑)、をとったのですが・・・・・。  (つづく)

吹奏楽・器楽フェスティバル 「ヤッターマンBrassRock」 [吹奏楽]

「ヤッターマンBrassRock」、2分ちょっとの曲なのだけど、途中、「ワッショイ、ワッショイ」というフレーズも隠れていて、一番、祭っぽいかも。



吹奏楽・器楽器楽フェスティバル 「吹奏楽のための風之舞」 [吹奏楽]

「吹奏楽のための風之舞」は、吹奏楽コンクール課題曲からの選曲になってしまったのだけど、「祭り」っぽい感じもして、「フェスティバル」に意外にマッチした選曲だったのかも(笑)

ちなみに、プログラムに掲載していただいた紹介文です。

 こんにちは、朝霞第三中学校吹奏楽部(略して、朝三吹部)です。現在、1年生26名、2年生19名で、明るく元気に活動しています。
 今回は、2004年の課題曲「吹奏楽のための風之舞」とコンクール自由曲としてよく演奏される、「喜歌劇 メリーウィドウ セレクション」を演奏いたします。コンクール曲とはいっても、とても楽しい曲です。「吹奏楽のための風之舞」は、テレビ番組で吹奏楽が取り上げられた時の曲なので、聴いたことのある方もいらっしゃるかもしれません。
 受験のため今は一時引退している3年生26名も復帰して、平成22年4月4日(日)、ここ朝霞市民会館で、第5回定期演奏会を開催します。
パートごとのアンサンブル、卒業生バンドの演奏等、いろいろな企画を考え、がんばりたいと思っています。ぜひ、御来場ください。




吹奏楽・器楽フェスティバル 喜歌劇メリーウィドウセレクション [吹奏楽]

市内吹奏楽・器楽フェスティバルで、「吹奏楽のための風之舞」「喜歌劇メリーウィドウセレクション」「ヤッターマンBrassRock」を演奏させてもらいました。

2曲目「喜歌劇メリーウィドウセレクション」の最後の方で、僕が、指揮棒を指揮台に引っかけてとばしてしまうというアクシデントが発生。とんだ指揮棒は客席前から3列目ぐらいに落下したらしい。(笑)

では、2曲目「喜歌劇メリーウィドウセレクション」です。



吹奏楽ゼミナール 編曲法 [吹奏楽]

吹奏楽ゼミナールの上級コースには、藤田玄播先生の編曲法の講座がある。
与えられた楽曲を、編曲して、最終日に、モデルバンドで、実際に音を出してみるというもの。

これって、絶対僕には無理だよなぁ、と思っていた。

移調楽器についての知識や、各楽器の音域等については、結構知識を持っていると思うし、
楽器の組み合わせ、オーケストレーションについても、多少はわかるように思う。

でも、以前、最終日のモデルバンドでの音出しの場面を見学した時に、絶対僕には無理だよなぁと思ったのは、
出てくる音が違っている時に、自分が書き間違えたのか、奏者が間違ったのか、全く区別できないから。

なのに、今回、何を思ったか、チャレンジしてしまったのです。

フルバンドどころか、アンサンブルの編曲さえ、やろうとしなくなっているのですが、
「僕だって、やろうと思えば、できないわけじゃないんだよ、いいものはできないかもしれないけど・・・」という気持ちが湧き上がってきてしまったのです。
そう、かつて、ノーテーションソフト「フィナーレ」を購入して、バイオリンとの曲を編曲した?経験があるのに、(http://blog.so-net.ne.jp/kitachi/2005-05-22
近頃は、全然やってみようとしていなかったのですよね。

で、どうなったかというと・・・・(つづく) 笑

第35回 小中学校音楽鑑賞会 [学校]

市民会館で、オーケストラの鑑賞会があった。市内の小学校5年生(たぶん)と、中学校2年生が対象。中学校は5校あるので、2回公演。1:20~2:30、3:00~4:10.

2年生を担当しないと聴きにいけないので、4年ぶりということになった。

オーケストラは、菅野宏一郎指揮 東京室内管弦楽団。

プログラムは、
楽劇「ニュルンベルクのマイスタージンガー」より第一幕への前奏曲
楽器紹介(セクションでの演奏付)
ホルン協奏曲第一番ニ長調(モーツァルト)
我が祖国より「プルタバ(モルダウ)」(スメタナ)
管弦楽のためのラプソディ(外山雄三)
アンコール 映画「スターウォーズ」より

今回も、ハープを含め、コントラバス5人、フルート3人・・・・という豪華な編成。
ホルン協奏曲では、ナチュラルホルンを使用したり・・・・。

吹奏楽ゼミナール 「ハイドン」 [吹奏楽]

吹奏楽ゼミナール Auftakt
8分の3拍子の部分で、充分ノックアウト状態。
後半も、さらに大変なことに・・・・(つづく)
後半は、4分の4拍子、でも、頭の中は充分混乱しきっているわけで・・・・・。

少し演奏したところで、紙谷先生、突然、僕の腕を両手でつかんで押さえ、「手を動かさないで指揮してみて。」

う~ん、実は、これまでの講習会などで、見たことあるのですよね。(佐渡裕さんも、やらせているのを見たことがあります。)普通、受講者は、戸惑って、始められないのですが、
僕、この振らないで振る、というのはあこがれているので
とはいっても、目力だけで、というわけにはいかず、出しました、必殺技「クチパク」 

紙谷先生:「じゃあ、今度は歌うんじゃなくて、音が出る前で『ハイ』って言ってみよう。」
で、やってみせてくれるのだけど、それが見事に決まる。
僕の場合は、『ハイ』と言う場所もトンチンカンなことになっちゃうし、タイミングも悪いし、勢いも変だし・・・・。

紙谷先生:「『ハイ』と言うと、『ドン』と音が出るので、これを『ハイドン』と言います。」


指揮者の仕事は、音が出る前に、いろいろな『ハイ』を示すこと、ということを指摘していただいた。


頭ではわかっているつもりなのだけど・・・、
練習などでは、「決め」の部分の前などで、叫んだりもするのだけど・・・・。

吹奏楽ゼミナール Auftakt [吹奏楽]

吹奏楽ゼミナール 「運命の力」
・・・・・・本当に、恥ずかしい状況になってしまいました。・・・・・・時間も2時間20分あり、実技実習を希望した人は、4人しかいなくて、時間もたっぷり(笑)。
さて、どうなったでしょうか。(つづく)
まずは、8分の3拍子の部分で、全くきちんと振れていない、という指摘を受けた。
「棒」以前に、3拍子が正確に意識できていない。

そうなんです。拍子を振るのではなく、とかいう以前のレベルとして、正確なリズム・テンポがキープできなければダメですよね。リズムのゆれ云々とかいう前提には、正確な流れが意識でなければダメなのですよね。
ダメなんですよ。4つ振りを2つ振りに変更するとテンポが遅くなったり、普通にしちゃうし。 8分の6拍子は、僕が振ると、どんどん演奏を遅くさせちゃうし。

さらに、「アフトタクト(アウフタクト)」がアフトタクト(アウフタクト)になっていないという指摘を受けた。
紙谷先生:「Auftaktのアフト(アウフ)って、どういう意味?」
僕:「?・・・・・」
(弱起とは訳するけど、「弱い」という意味じゃないよなとは思うのだけど、う~ん、どういう意味だっけ・・・)
紙谷先生:「上がる、上げるっていう意味ね。ほら、4拍子の4拍目とか、こう上げるでしょ。」


2回回りますとのことなので、前半が終了したのだけど、8分の3拍子の部分で、充分ノックアウト状態。
後半も、さらに大変なことに・・・・(つづく)

新座第二吹奏楽団設立記念演奏会 3曲目 4曲目 [吹奏楽]

新座第二吹奏楽団設立記念演奏会、第一部は4曲を演奏。
1曲目「センチュリア」、2曲目「吹奏楽のための風之舞」に続いては、
3曲目「パリへの夜間飛行」、4曲目「スクーティンオンハードロック」。

この2曲は、今年二十歳になるメンバーが中学2年生と3年生の時のコンクール曲なのだけど、練習をしていく中で、2曲ともやるには、スタミナ的にも難しいのでは、という意見も出た。
でも、ある意味、この曲を演奏するために集まった、みたいな部分もあるわけで、結局、当初の予定通りとなった。

「パリへの夜間飛行」




「スクーティンオンハードロック」




成人式 アトラクション演奏 [吹奏楽]

成人式で、新座第二吹奏楽団が、アトラクション演奏をさせていただきました。

晴れ着の新成人のメンバーは、「たすき」をして演奏しています。

1曲目「ディープパープルメドレー」




2曲目「宝島」