So-net無料ブログ作成
検索選択

スロトレ [雑感]


スロトレ完全版 DVDレッスンつき

スロトレ完全版 DVDレッスンつき

  • 作者: 石井 直方
  • 出版社/メーカー: 高橋書店
  • 発売日: 2009/10/08
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
トレーニングルームに行っても、筋力トレーニングやってから、エアロバイクを、みたいな感じで、無酸素運動をやってから有酸素運動を、というのは取り入れていたりする。

この本の内容的には、女性向けなので、ほとんどのムリなくやることができるように思う。さらに、easy-standard-hard というように、レベル別にもなってるし。



ここのところの記事、本の紹介みたいな感じになってしまっているのだけど、
試験前で、部活動がないと、やらなきゃいけないことは山積みされているにもかかわらず、つい、早く帰りたくなってしまい、
日のあるうちに学校を出ると、つい、どこかへ寄りたくなってしまい、本屋さんへ。
本屋さんでは、大人買い、というほどではないかもしれないけど、つい、数千円の買い物をしてしまったりして・・・。
ちゃんと読む時間もないのだから、買ってもしょうがないとは思うのだけど、つい、いろいろ買っちゃうのですよね。
nice!(0)  コメント(3)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

ハートで話そう!マジカル英語塾 英語のバイエル 初中級 [雑感]


この著者の番組、大好きなんです。イメージでというか、感覚でというか、自分の思考経路にすんなりはまる感じです。

コラム欄?の「Feel it!」、「ガッチリ感」の項
(a)This is the girl ----- Dave is going out with.
(b)This is the girl that Dave is going out with.
(c)This is the girl who Dave is going out with.
(d)This is the girl whom Dave is going out with.
(a)→(d)に進むにしたがって、後続文はガッチリと接続されます。それは「指定」の厳密さ。(c)のwhoは「人」指定を含んでいますが、(d)のwhomは、whoの目的格。うしろの□が「人」でしかも「目的語の位置(withのうしろ)に空いていますよ」、と厳密な指定をおこなっているのです。会話で好まれるのも、この順番。(d)は古めかしく堅い表現で日常会話ではほぼ使われることはありません。The girl whom Dave is going out with...はは、なかなか言わないよこんなこと。


英語には、日本語における「てにをは」の違いによるニュアンスの違い等を、表現する手段がない、とか昔は思っていたのだけど、当然そんなことはなく、いろいろあるのね、という感じ。

こんな本みたいな感じで、和声についての解説をしてくれる本とかって、ないでしょうか?
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

浦島太郎 [雑感]


聖書の名画はなぜこんなに面白いのか (中経の文庫)

聖書の名画はなぜこんなに面白いのか (中経の文庫)

  • 作者: 井出 洋一郎
  • 出版社/メーカー: 中経出版
  • 発売日: 2010/02/26
  • メディア: 文庫

浦島太郎の話を知らない人はいないと思うのだけど、
別に、義務教育の学校で教えることになっているわけでもないのに、浦島太郎の話とか、桃太郎とか、日本人なら、みんな知っているって、なんかすごいと思う。

キリスト教文化圏、ヨーロッパ系?の人たちにとって、聖書の中の話とかギリシャ神話とかって、「みんなが知っている話」なのでしょうかね。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

DVDコレクション スパイ大作戦 [雑感]


スパイ大作戦 シーズン2(日本語完全版) [DVD]

スパイ大作戦 シーズン2(日本語完全版) [DVD]

  • 出版社/メーカー: パラマウント・ホーム・エンタテインメント・ジャパン
  • メディア: DVD
本屋さんに行って、ちょっと見かけて、DVDコレクション「スパイ大作戦」を、創刊号特別価格790円にひかれて、購入してしまった。

なんか、昔、あれだけドキドキしながら見ていたのに、今見てみると、ちょっと刺激不足?の印象。
う~ん、そんなものかもしれないですね。
nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

ICR-PS004M [コンピュータ]


SANYO リニアPCMレコーダー(シルバー) [ICR-PS004M(S)]

SANYO リニアPCMレコーダー(シルバー) [ICR-PS004M(S)]

  • 出版社/メーカー: 三洋電機
  • メディア: エレクトロニクス
ICレコーダーを購入したというのは、何個目?とか言われると困るのだけど、また、同じような機種を買っちゃいました。

性能的には、あまり変化はないのかもしれないけど、使い勝手というか、ユーザーインターフェースというか、こまかいところで、とても使いやすくなっているように感じます。

付属のSDカードは、2Gなのだけど、とりあえず充分かな。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

どっこいしょバージョン [吹奏楽]

コンクールとかで、演奏が終了したときに、メンバー全員が「ダッ」と立ち上がるのって、すごくカッコいい。
そのタイミングの合った、そろった立ち方だけで、演奏もすばらしかったことが予想できる。

ただ、審査員の中には、その立ち上がり方に拒否反応を持つ人もいるらしく、ある全国大会常連の団体の顧問の先生が、「やっちゃったよ、わかってはいたのだけど、1点ずつ引かれちゃったよ」と言っているのを聞いたことがある。
その審査員の先生は、最後に元気よく立ち上がるのが嫌いだというのは知っていたのだけど、曲も、元気よく終わるので、つい油断してしまったのだそう。

まあ、できる団体は、加減、調節、みたいなものが必要なのだろうけど、加減する前に、なかなかできないのですよね。
立ち上がるのにスピードがないので、「どっこいしょ」という感じ。これを「どっこいしょバージョン」というらしい。

ビッグバンドでも、オーケストラでも、「ダッ」とは立たないので、「どっこいしょバージョン」も悪くはないのだろうけど・・・・・。
nice!(0)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

He's a Pirate [吹奏楽]

パイレーツオブカリビアンの「He's a Pirate 」、これがメインテーマみたいなものですよね。
で、このHe's a Pirate の訳としては、「彼こそが海賊」となっているのだけど、「こそ」が入るのは、PirateのPが大文字だからでしょうかね?

という前フリとは全然関係のない話です。

この曲の8分の12拍子を振るのに、1小節を2つで振ったり、4つで振ったり、4分音符を一つずつ3(6)つに振ったりしていたのですが、
そして、1小節を2つで、といっても、いろいろな2つがあるわけで・・・・。
その曲、その部分の表現したいもの、そのバンドの状態、などから、振り方が決まってくると思うのだけど、
正しい選択肢を見つけることができるかどうかは、なかなかむずかしいと思う。(大体、どんな、いくつの選択肢があるのかも、はっきりしないし。)

で、今回、後悔しているのは、この8分の12拍子の部分ではなく、「One Day」の部分。4分の4拍子(四分音符=80)なのだけど、
どうしても、自分の思っているテンポより八分音符のきざみが速くなってしまう。(速くなるのは、速くなるように振っているのだと思う。きっと、クレッシェンドを表現しようとするのが影響していると思う。)

右手で4つの図形を描きながら、左手を、ゆっくり上下させる練習などもしたのだけど、これが、なかなかうまくできない。(不器用なんです。右手と左手で違うことをやるというのは、僕にとって、至難の業。)

結局、本番も、思ったようにテンポを提示することができなかった。

後で思ったのは、なんで「4つ」にこだわったのだろうということ。ゆっくりを伝えたいなら「2つ」にすればいいのに。
なにしろ、アップテンポの曲でも、4つを2つ、2つを1つで振って、テンポを遅くさせてしまっているのに。笑
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(1) 
共通テーマ:音楽

奥さんのいない日 [家庭]

夫婦二人だけの家族である、僕と奥さん。

修学旅行とか、林間学校とかで、その日は、奥さんが帰ってこないとわかると、なぜか何ヶ月も前から、ワクワクしてしまう。

別に、何か悪いことを企んでるわけではないんですよ。別に仲が悪いわけでもないんですよ。
夏休みや冬休みなど、二人で、24時間、何日も、ずっと一緒にいても疲れたりしないんですよ。


でも、なんかワクワクしてしまうんですよね。わかります?この気持ち。


結局、何をするわけでもなく、その日は過ぎ去ってしまうのですが・・・・。
nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

勝てる身体と負けない心 [吹奏楽]

本校の3年生を送る会では、部やクラスで、3年生へ贈る言葉を垂れ幕にして、発表するという企画がある。

担任しているクラスで決まった言葉は、
「誰にも羽ばたく時がくる!」

ゆがんだ性格の持ち主である僕は、(どんなにダメな奴でも)という言葉が隠れているような気がして、失礼じゃないの、とかツッコんでみたりもしたのだけど、当然、そんなつぶやきは無視されて、決定。

部活動の方は、決める場面に立ち会ってもいないのだけど、
「勝てる身体と負けない心」に決定。

実は、この言葉、僕が、密かに愛読させていただいている、中学校吹奏楽部顧問の先生のブログで発見し、生徒に紹介した言葉。
インターネットで検索しても、このフレーズとしては、他にヒットしないので、もしかすると、この先生のオリジナルなのかもしれない。

できないから目標になる」理論からいけば、激励の言葉として、いいのかもしれないけど、
ゆがんだ性格の持ち主である僕は、後輩から先輩へ贈る言葉としては、ちょっと、きびしくない?、と思ったりもした。(一言も、なにも生徒には伝えてないけど笑)
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

なぞなぞ [学校]

一緒に社会科を担当してくれている先生が、試験勉強用の一問一答形式のプリントをつくってくれた。

で、思ったのは、
問 → 答
この「答」の部分を知らないのでは、答えられない。
聞いたことのない語句は答えようがない。

じゃあ、知っている語句は必ず答えられるかといえば、そうはいかない。
問と答が結びつかないと、答えられない

なぞなぞは、「答」の部分は、皆がしっている「ことば」、語句、内容なのだけど、答えられないこともある。
なぞなぞで、答を言っても、「えっ それ何?」じゃ、なぞなぞにならないし、皆が皆、すぐ答がピンと来てしまっても、なぞなぞにならない。

入学試験などは、「答」の部分は、教科書の内容なのだけど、「なぞなぞ」にしてあるということですよね。

ちなみに、生徒に、「上は洪水、下は大火事、な~ぁに?」というのを聞いたら、
「風呂」「やかん」という答が返ってきた。
う~ん、いまどき、下は大火事の風呂なんてあるとは思えないのだけど、「風呂」という答がでるのは、「なぞなぞの古典」として、知っているのではないだろうか(笑)
nice!(0)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

E♭ [吹奏楽]

フルートにとって、E♭の音は、ちょっとクセのある音だということは、以前に書いた。(http://blog.so-net.ne.jp/kitachi/2007-08-09-1
まあ、クセのない音なんてあるの?という意見もあるかもしれないけど 笑。

B♭管の金管では、1番。
トロンボーンは、3ポジション。
ホルンは、B♭管の1番か、F管の1番、どっちだろう?(音域にもよるのかな?)
E♭管(アルト、バリトンサックスとか、E♭クラとか、アルトクラ)では、「ド」。
テナーサックスとかでは、ファ(左手+右手人差し指)。

で、何が書きたいかといえば、
この「E♭」という音、意外に合わないような気がする。

さらにいえば、フルートのド♯や、クラリネットのラ、ラ♭、シ♭みたいに、音自体も悪くて響きを出しにくい、とかいうのではなくて、
響きもあり、コントロールはしやすいのだけど、だから逆に「合わない」みたいな・・・・。
nice!(0)  コメント(3)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

バレンタインコンサート Cブロック 2曲目・4曲目 [吹奏楽]

バレンタインコンサート Cブロック 2曲目の「カンタベリーコラール」の演奏です。




4曲目「木陰の散歩道」の演奏です。



nice!(0)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

入試制度の変更 [学校]

埼玉県では、今年度、入試制度が変更された。
日程、試験科目等、いろいろな変更があったのだけど、
その中の一つに、1教科40点満点だったのが、100点満点になるというのがある。

まあ、別に問題数が倍以上になるわけではないよ、内容的には大きな変わりはないと思うよ、とか言っていたのだけど、少なくとも社会科については、内容的にはいままでの流れと大きな変化はなかったように思う。

ちなみに、数学、今まで、第1問は、整数の負の数を含めた計算だったのだけど、今年は、それは2番で、1番は文字式になった。 


5a-2aを計算しなさい。(4点)
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

課題曲 到着 [吹奏楽]

全日本吹奏楽連盟の会報についている振込用紙を見落としていて、注文が遅くなり、課題曲セットを手にするのがちょっと遅くなってしまいました。

でも、無事1万5千円で、「課題曲一式」をゲットすることができました。

DVDには、「収録:2009年9月10日 和光市民文化センター」 とあります。
う~ん、そんな時期に、あそこで、収録していたのね、という感じです。

nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(1) 
共通テーマ:音楽

コパカバーナ 演奏 [吹奏楽]

第22回バレンタインコンサートでの「コパカバーナ」の演奏です。




nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

パイレーツオブカリビアン ワールドエンド [吹奏楽]

第22回 バレンタインコンサートでの、「パイレーツオブカリビアン ワールドエンド」の演奏です。



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

ボケとツッコミ [雑感]

ボケとツッコミというのは、本来は、業界用語なのだろうけど、漫才ブーム?のおかげなのか、一般にも認知された言葉となっているように思う。 あと、「のりツッコミ」とかいうのもね。

ボケキャラ、ツッコミキャラ、という言葉も、普通の会話で使っているように思う。

で、ちょっと思ったのは、
ボケキャラの人って、人の話をよく聞いていない、
ツッコミキャラの人って、人の話をよく聞いている、
ということ。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

パイレーツ・オブ・カリビアン ワールドエンド RICKETTS編曲 [吹奏楽]

T.RICKETTS編曲の「パイレーツ・オブ・カリビアン ワールドエンド」、スコアに書かれている、使用曲の題名と速度記号?、メトロノームの速度表示を紹介します。パート譜には、メトロノームの速度表示は記載されていないようです。

「Hoist The Coloues」 Moderately Slow 四分音符=90
「Singapore」 Moderately Fast 四分音符=110
「One Day」 Slowly 四分音符=82
「Up Is Down」 Suddenly Faster 付点四分音符=132
「Drink Up Me Hearties」
 (  Driving    Molt.Rit  A Tempo)

「Singapore」の部分では、ついつい指定テンポやサウンドトラックの演奏テンポより速くなってしまうのだけど、まあ、少し速めの方が、いいような気がする。
「One Day」の部分では、速くしたいわけではないのだけど、クレッシェンド・ディクレッシェンドを表現しようとすると、僕の指揮がテンポをキープできず、いびつな速さになってしまう。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

木陰の散歩道 [吹奏楽]

バレンタインコンサートで演奏する「木陰の散歩道」は、「ラララ ラララ」という歌と、口笛が入る行進曲。

スコアのプログラムノートには、(英語なので間違って読んでるかもしれないけど)
スーザバンドみたいに、当時出版されていた楽譜と実際の演奏は違っていた、とか、
こんな風にすると、効果的だよ、というのが紹介されている。

それによれば、最後の部分で(103小節目から)、4小節全員で演奏したら、全員演奏しないで、歌う。4小節演奏し4小節歌うを127小節目のアウフタクトまで繰り返す。(お客さんにも歌ってもらうことをねらっているよう)

なにしろ、英語なので、微妙にわからないのですが・・・・。
で、youtubeで実際の演奏例を見てみました。



いろいろなバンドが、いろいろ工夫をしてるみたい。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

掲示板 [コンピュータ]

左のサイドバーの掲示板へのリンクを整理しました。

チャットルームで始めた、「きたちくんの部屋」のみを残しました。
パスワードは、きたちくんのPHSの電話番号です。(-なしの11桁)

ぜひ、ご利用ください。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

バレンタインコンサート 演奏曲目 [吹奏楽]

2月14日(日)、朝霞市民会館でおこなわれる「バレンタインコンサート」のプログラム原稿が送られてきました。

それによると、出演団体と演奏曲目は、以下の通りです。

A Group
県立大井高等学校 立教新座中学校・高等学校 県立福岡高等学校 ふじみ野市立花の木中学校
1. DANCING QUEEN
2. 伝説のアイルランド
3. 星に願いを
4. アフリカンシンフォニー

B Group
県立朝霞西高等学校 県立新座高等学校 新座市立第三中学校
1. もののけ姫
2. BIRD LAND
3. 君の瞳に恋してる

C Group
朝霞市立朝霞第三中学校 慶応義塾志木高等学校
1. パイレーツ・オブ・カリビアン~ワールド・エンド~
2. CANTERBURY CHORALE
3. コパカバーナ
4. 木陰の散歩道

全体演奏
1. 星条旗よ永遠なれ
2. 合唱:大地讃頌

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

コパカバーナ について [吹奏楽]

バレンタインコンサートで、「コパカバーナ」を演奏するので、インターネットでいろいろ調べて、次のような文章を生徒たちに紹介した。

 コパカバーナの由来は、ブラジルリオデジャネイロ市にあるコパカバーナ海岸であるが、曲中ではその海岸ではなく、その名にちなんだアメリカ合衆国ニューヨーク市のナイトクラブ、コパカバーナでの出来事が歌われている。
 この曲はローラという女性についての物語が歌われている。コパカバーナで踊り子をしていたローラには、トニーという恋人がいた。ある日、来店したリコという客がローラに手を出そうとし、それに怒ったトニーはリコに殴りかかった。椅子が砕け、血が飛び散り、一発の銃声が響き、トニーは死んでしまった。それから30年後、ローラは同じ場所にいたが、コパカバーナはディスコになっていた。そして、トニーと若さを失ったローラは正気も失っていた。
この歌の最後は「コパカバーナでは恋に落ちてはいけない」という言葉で閉じられている。

まあ、サンバで陽気なお祭り騒ぎではあるのだろうけど、なんか、暗さがあったのは、そんな訳だったのね、という感じ。
浅草サンバカーニバルというよりは、ナイトクラブなのですね。(ナイトクラブがどんなところかよくわからないけど)
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

小編成バンド [吹奏楽]

今年の楽曲研修会は、埼玉栄高校のホールでおこなわれたので、収容人員には制約があったと思うのだけど、演奏者、指導者を、間近に見ることができるというメリットがあった。

「小編成バンドの指導」ということで、16名のバンドが出演したのだけど、その生徒たちの姿に大変感動した。

演奏する時の、生徒たちの指揮者(顧問の先生)を見る、真剣な眼。特に、2年生の眼は、最高だった。

トロンボーンは1本(たぶん、部長さん)、技術的にも上手だったと思うのだけど、その気持ちみたいなものが伝わってくる演奏だった。

小編成バンドって、個人のキャラクター、一人一人の存在をアピールしやすい形態でもあるのだなぁ、と、あらためて思った。


そのトロンボーンの子が、講師の先生等が話をしている間に、「Qちゃん」を取り出して、口にくわえているのを目撃した。もちろん、その学校では「Qちゃん」とは言わないだろうけど。

う~ん、この子は、「Qちゃん」の効果を心から信じているんだと思う。だから、自分の力を出し切りたい、最高の演奏をしたい、と思ったとき、「Qちゃん」をやるのだと思う。

僕も、信じています。効果は、理屈ではなく、絶対あると思っています。
ふと、もう十数年前のことになるのだけど、所沢ミューズで、楽器の準備をしだしたと思ったら、突然、Qちゃんを激しくやり始めた生徒のことを思い出した。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

楽曲研修会2010 [吹奏楽]

楽曲研修会が、今年は、埼玉栄高校のホールで開催された。

このブログを検索してみると、
楽曲研修会2007
楽曲研修会2008
楽曲研修会2009  と参加している。

で、昨年、2009でも、第19回目と言っていたのだけど、今年も、19回目と言っていた。

今年は、春日部共栄、埼玉栄、伊奈学園のバンドをモデルバンドに、顧問を違えて、基礎練習をやるという企画があった。

O先生が、ユニゾンを合わせるには、「音量を合わせる」のが一番大切である、と強調されていた。

その前に、U先生が、バランス練習?で、音をブレンドする作業も、そう考えると、ある意味、音量の調節みたいな部分もあったように思う。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

クイーカ [吹奏楽]

クイーカ、インターネットで検索すると、
「片面太鼓の皮の内側の中央に、皮に垂直に短い棒を取り付けた楽器である。この棒をぬらした手やしめった布でこすり振動させることにより、振動を皮に伝え独特の音を出す。棒を挟む指の力を調整したり、もう一方の手で皮の張力を調整することで音の高低を作ることができる。」とある。

images.jpg

コパカバーナで使われているので、購入しちゃいました。

意外に(あくまで思っていたよりという意味ですが・・・)、大きい音が出るように思います。
生徒は、中の棒を折らないかと心配で、なかなかさわろうとしません。(笑)
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

バレンタインコンサート ちらし [吹奏楽]

バレンタインコンサートの日程表等とともに、ちらし、ポスターが送付されてきました。
pdf144.jpg

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

ティファナ・ブラス [吹奏楽]

ニューサウンズインブラス「コパカバーナ」のスコアの表紙の「演奏にあたって」を読んでいたら、

「・・・Iのトランペット・ソリもラテン的な雰囲気を出すために、ティファナ・ブラスのような感覚を覚えるとよいでしょう。・・・」と書いてあった。

「ティファナ・ブラス」?

聞いたことがあるような気もするのだけど、ピンとこなかったので、インターネットで検索すると、
「マルタ島の砂」が聞けたりしてしまった。

う~ん、インターネットって、やっぱり革命だと思います。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

インフルエンザ 第2弾 [学校]

林間学校の後半組では、インフルエンザが蔓延し、吹奏楽部員も、部長、副部長がインフルエンザに罹患した。

その余波なのか、今週、1クラスが学級閉鎖となり、19名の2年生部員のうち、5名が学級閉鎖のためお休みという状態になってしまった。

なにしろ、バスで一緒に移動したり、閉ざされた空間の中で、深呼吸を繰り返しているような活動をしているわけで、感染拡大の温床?になりかねないので、充分注意していかなければいけないと考えている。
とはいっても、何ができるというわけでもなのだけど。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽