So-net無料ブログ作成
検索選択

卒業文集「自分の可能性を信じて」 [学校]

卒業文集の原稿を書くことになり、
題名を「自分の可能性を信じて」と変え、「皆さんとの関わりの中での一つの思い出を書かせてください。」の一文を加えて、一昨年12月の記事を、提出しました。

引率 2
通勤ラッシュの時間帯に、中学生の団体が移動をするのは迷惑だろうし、あまり早いとお弁当をつくるのも大変だろうし、
いろいろなことは考えるのだけど、大会役員の集合時間等の関係もあり、結局、ラッシュ時間帯にギリギリの時間設定になってしまったりする。

今回、乗り換えが2回あり、1つは駅間を徒歩で移動という状況で、
最寄り駅の出発が予定より1本遅れてしまい、駅間の徒歩移動が8分なら、予定時間に間に合うという感じだった。
まあ、一人で走れば3分でも移動可能な距離ではあるのだけど、なにせ1クラス分の人数がいるわけで、実際に走ったら大迷惑なわけで・・・。
結構テキパキと行動して、間にあいそうな感じもあったのだけど、全体が移動しきれなくて、ギリギリアウト。
次の電車だと、次の乗換駅で、2分で階段を上り下りしてホームを移らなければならないという状況であった。
iPhoneの乗換案内で検索して、情報はあったので、部長に、
「2分。可能かもしれないので、できれば!」と言ってあった。
しか~し、電車が若干遅れ、次の乗換駅に到着した時点で、あと1分という状況。
僕的には、「もう無理だな、無理させて、事故っても困るし、次の電車でも、駅から会館まで、自分は走れば、役員集合には間に合うだろうし。(その日は役割分担が総務で、出欠をとる側だったので、できれば遅れたくなかったのだけど)」
再び、しか~し、
部長さんは、あきらめなかったのですよ。
先頭をきって、速足で乗り換えホームへと移動してくれたのです。
そして、
ダメだと思ったのですが、なんと、目的の電車はまだ来ていなかったのです。
そう、遅延していたのです。

う~ん、実は、結構、感動してしまった出来事でした。


nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

教育職員免許状授与証明書 [学校]

「教育職員免許状授与証明書」というのをもらいに、県庁第二庁舎4階にある、県教育局教職員採用課まで行ってきました。
発行手数料1通400円(中学校と高校で2通)、所要時間15分ぐらいでした。

2年前の免許状更新講習の時に、免許状がなくて、バタバタしたのだけど、
次は、平成36年ということで、もう関係ないや、と思っていたのに、来年度、文部科学省が教員免許状を全国的に掌握するシステムをつくるらしくて、(現在は、都道府県単位でしか、確認できないので、いろいろな問題の発生原因になっているのかもしれない。)

それに先立って、市町村教育委員会レベルで、事前準備ということらしい。

実は、「教員免許状」というものを、見たことがなくて、というか、見た記憶がなくて、
2年前の更新講習受講時の段階では、
「経済学部なので、免許状が取れなくても卒業はできてしまうのだけど、埼玉県が採用したのだから、きっと免許ももらっているはず・・・」というレベルだったのだけど、
「更新講習修了確認証明書」には、「免許状の番号」も書いてあって、免許は持っていることは確認されていますw

自分としては、「勝手に後から法律をつくって・・・」「教員だけ更新講習を義務付けるって、どうなの?」と、根底に不満な気持ちがあったりします。



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

県公立高校学力検査問題の受領 [学校]

県公立高校入試についての、インターネットでの情報公開も、どんどん進化していて、
学力検査問題と「採点の手引き」=(模範解答)が、学力検査終了後、その日の午後7時までには、インターネットに掲載されるようになった。

ちなみに、市教育委員会へ、現物を受領に行くというシステムも健在で、
最後の教科英語が終了する午後3時30分、地区の定められた拠点高校へ市の教育委員会の指導主事が、問題を取りに行き、
午後4時15分から、市教育委員会へ、各中学校の担当者が取りに行くということになっている。

というわけで、3月2日午後4時15分、市教育委員会へ、試験問題を取りに行きました。
中学校へ戻って、コピーして教科担当に渡しました。
皆さん、高い関心があるようでしたw

昔は、翌日の朝刊待ちだったのが、変わったなぁという感じです。
TVでも、問題解説の番組が、夕方には放映されていたみたいだし。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

県公立高校入試日 [学校]

本日は、私立入試集中日の初日。日曜日なのですが、一応、早朝学校に待機します。

北地英明さん(@kitachikun)がシェアした投稿 -


上記のような記事を、Instagramにあげ、Twitterと連携して投稿し、ブログの記事にもしたのが、1月22日でした。

3月2日は県公立高校入試の学力検査日。
受検者のクラスごとの緊急連絡網も用意されていたりします。
雨はちょっと降ったけど、雪ではなく、特にアクシデントの連絡もないのですが、一応、早朝から学校に待機しました。

写真はないのですが、1月22日と比較すると、朝、明るいですね。
季節が変わりつつあるのを感じます。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

君に会えてよかった [学校]

担当している学年の生徒たちが、卒業関連の行事に向けて練習している「桜散る頃~僕達のLast Song~」。
かつて、音楽科の先生が、この曲の指導をしている時、
「いい歌詞なんだよね。この歌詞を、初めて聞く人にもしっかり伝えて!」みたいなことを言っていたように思うのだけど、
「子音をしっかり!」とか、「口をしっかりあけて!」とかではなく(技術的には、そういうことなのかもしれないけど)、
うまい言い方だなぁと思った記憶がある。

個人的には、サビの2番の、
「未来の僕たちへ 贈る言葉は一つ 君に会えてよかった この思い いつまでも」
「君に会えてよかった」という言葉に、妙に感じ入るものがあったりする。

なぜなのだろう?

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

志願倍率 [学校]

県公立高校の志願倍率が、今は、インターネットで、締切後数時間で公表される。

出願期間は1日半なのだけど、1日目、4時30分に締切で、6時30分、
2日目、正午締切で、2時30分にはデータを入手できる。

ウェブ上のデータをエクセルに貼り付け、「志願者数-募集人員=不合格者数」を付け加えて、プリントしている。

bairitu.jpg

倍率だとピンとこないけど、〇人落ちるんだぁと思うと、なんか緊張してしまいます。


ちなみに、皆さん1日目に出願するみたいで、1日目と2日目では、1名ぐらいしか増えなかったりする。

この後、志願先変更という制度もあったりします。



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

県公立高校出願 受検票 [学校]

県公立高校の出願は、

提出期間及び受付期間
2月20日(月)午前9時~正午まで及び午後1時から午後4時半まで
2月21日(火)午前9時から正午まで
 となっていて、
本校では、
郵送による出願(配達日指定2月17日)もできましたが、すべて志願先高等学校の窓口に持参する形でおこないます。
20日(月)3時間授業終了後、給食を食べてから学校を出発します。
出願しない生徒は下校となります。
出願後、中学校へ戻り、教育相談室または職員室で待機している3学年職員に、受検票を見せて、受験番号を報告してください。
中学校への帰校時間が5時を過ぎそうな場合は、直接自宅へ戻り、自宅から中学校へ電話連絡をしてください。
という形で実施した。

中学校によると、朝から出願にいくところもあるみたいで、
本校も、昨年度の状況等から、5校については、朝からでかける形をとった。


「教育相談室または職員室で待機している3学年職員」の仕事をしていたのだけど、
受検票を見てみると、高校によって、連絡事項を書いたシールみたいなものを貼ってあるものがあった。(ない高校も多いし、別紙でプリントが配布される学校もある。)
多くは、集合時間とか、持ち物とか、についてなのだけど、今回、目をひいたのが、地震等の発生時の対応についての記述。
IMG_2155.JPG

何年か前から、入学願書に「保護者への緊急連絡先電話番号」を記入することになっているのだけど、受検票に、こういう記載をしていくことが、一般化していくのかもしれない。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

彫刻刀 [学校]

iphone/image-20170215155607.png
小学校の図工の時間を参観させてもらったのだけど、彫刻刀を使っての版画づくりだった。

自分自身のことを思い出してみると、しつこいぐらいに言われているにもかかわらず、つい、左手を彫刻刀の前に持っていってしまい、ケガをするというパターンだったように思う。

子どもたちは、きちんと、言われたとおりに、台紙の方を動かして、ケガすることなく作業をしていた。

道具も進化していて、安全ガードみたいなものがついていたし、カラフルなカッコいいケースに入っていたりした。
持っている彫刻刀セットは、人によって違っていたので、きっと、学校でまとめて購入を斡旋するというのではなく、それぞれ用意してね、という感じなのだろう。

う~ん、いろいろ変わっているんですね。まあ、自分が小学生の頃から半世紀近くが経っているのですものねw


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

書留・特定記録郵便等差出票 [学校]

書留差出票.jpg
「学習の記録等一覧表」というのを、県教育委員会と受検する高校へ、配達日指定、簡易書留等で、送付しなくてはいけないという仕事がある。

簡易書留等で送付するためには、「書留・特定記録郵便等差出票」というのを用意しなければいけないのだけど、郵便局に用意してあるのは、カーボン複写式のものなので、手書きをしなければならなかったりする。
う~ん、50近くの校名を手書きするのはなぁ、と思って、郵便局で聞いてみると、
パソコンで印刷したものでもいい、とのことなので、上のようなプリントを用意しました。(実際は、依頼人、お届け先が印字されています。)

郵便局の窓口に持っていくと、「処理に時間がかかりますので、お待ちになりますか?、一旦お帰りになりますか?」とのこと。

う~ん、差出票の必要なものについては、手書きから、スキャナーを使うようになったり、改善はされているようなのだけど、処理に時間がかかってしまう状況は、何か問題があるような気もする。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

さいたま市民会館 うらわ [学校]

出張で、「さいたま市民会館 うらわ」に行ってきました。
iphone/image-20170124190619.png
かつては、浦和市民会館だったわけですが、さいたま市になったので、「さいたま市民会館」。でも、大宮市民会館とかもあるので、「さいたま市民会館 うらわ」。
無理しないで、「浦和市民会館」のままでも良かったように思うのだけどw

ちなみに、浦和市民会館は、
大学の時、サマーコンサートをやっていた場所だったり、
正顧問になって、初めて参加したアンサンブルコンテストの会場だったりします。

iphone/image-20170124190627.png

収容人員500人ぐらいのホールで、
これまで、思ったことはなかったのですが、椅子が小さい。近頃のホールは椅子と椅子の間隔が広いというか、ゆったり感があるのですが、なんかすごいとなりの人との間が狭いなぁという印象を持ちました。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽