So-net無料ブログ作成

IRT 項目反応理論 [学校]

New Educatio Expoで、「埼玉県学力・学習状況調査を活用した学力向上~子供たち1人1人の学力の変化と非認知能力などの把握」というテーマの発表を聴講しました。

50m走で、7.5秒で走ることを目指した場合に・・・
生徒A:最初8.5秒 → 最後7.6秒
生徒B:最初7.0秒 → 最後7.4秒
どちらの生徒に教育的効果があったといえますか?

「平均点の呪縛」からの解放という言葉、カッコよかったと思います。

パネルデータ、クロスセクションデータ、IRT(項目反応理論)というような語句についても知ることができました。

「同一問題を入れることなどにより、難易度を踏まえ、得点を調整することで、学力の経年変化の把握が可能」とのことでした。

次の国立教育政策研究所総括研究官である文部科学省の高校対象情報活用能力調査などにもかかわっている方の話では、調査の実際やCBT(コンピュータを使用した試験)のことや、調査問題をつくる苦労なども知ることができました。
まんべんなくいろいろな難易度の問題をつくるというのは、とてもむずかしいとのこと。予備調査がとても大切だとのこと。

nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

個別ブース形式 [学校]

県立高等学校進学説明会の後半は、個別ブース形式。
まあ、こういうのは苦手なのだけど、そうもいっていられないので、何校かを回り、質問をしてみました。

「多文化共生推進員」とは
「高等学校における通級による指導」とは
「第2志望の扱い」
「第2志望に準じる志望」とは

nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

地区県公立高等学校進学説明会 [学校]

市コミュニティーセンターで開催された「地区県公立高等学校進学説明会」に参加しました。
県内をいくつかのブロックに分け、県立高校の教頭先生とか教務主任の先生とかが、自校のアピールや選抜基準とかを説明してくれて、その後、個別ブース形式で質疑に応じてくれるという形式。

これまでも何回か参加させてもらっている。
http://kitachi.blog.so-net.ne.jp/2014-06-05
http://kitachi.blog.so-net.ne.jp/2010-06-02

持ち時間が1校7分から9分になり、10分で進行させ、途中、5分の休憩・調整時間を設定するという感じで、ほぼオンタイムで進行しました。

説明してくれる教頭先生とかが、若々しいよね、と思うのは、自分が歳をとったということでしょうかw 
また、説明をしてくれた11人中2名が女性の教頭先生だったのが印象的でした。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

NEW EDUCATION EXPO 2018 [学校]

NEW EDUCATION EXPO 2018、今年の新企画は、スタンプラリーですかね。

北地英明さん(@kitachikun)がシェアした投稿 -


NEW EDUCATION EXPOで、アンケートを提出すると記念品をもらえるのだけど、結構、これが楽しみだったりする。(実際は、もらってもあまり使うことはなかったりするのだけど)

今回は、新企画だと思うのだけど、「スタンプラリー」というのがあって、EXPOのうち、「X」「P」「O」のスタンプが展示会場に置いてあり、Pの場所で、飲み物がもらえて、アンケート用紙の配布、回収、記念品の配布もおこなわれていた。

人とコミュニケーションをとることにストレスとを感じる僕には、「展示会」というのは苦手なのだけど。(パンプレットを掲げて、隙あらば話しかけようとしている各ブースの担当者を避けるように歩いていたりするw)

ちなみに、今回、もらった記念品は、「ダストレスチョーク」。
unnamed.jpg




nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

AVERAGEIFS関数 [学校]

新しい学年に入り、成績処理も担当することになったのだけど、
当然、これまでこの学年が使用していた成績処理方法みたいなものがあり、定期テストごとに配布される個票の形式も、昨年とは違っていたりする。(今年度から全学年同じ形式にするらしいけど)

他人のつくったエクセルのシートで作業をすることになるのだけど、
マクロを使って個票を印刷するやり方で、いろいろ勉強できて、楽しかったりする。

ただ、名前の定義を使ってたりもするのだけど、指定した範囲がズレていたりして、「足し続けて育てた秘伝のタレ」シートというより、「古くて変な味がする」シートみたいな感じになってしまっている。

男女別の平均を出すのに、SUMIFで男女別の合計をして、COUNTIFで、男女の人数をだし、割算をするというやり方になっていて、
「う~ん、これじゃ、欠席者を0点とした平均になっちゃうよね。やっぱり、平均はAVERAGEを使わなくちゃ。」とか、いろいろツッコミどころ満載。

SUMIFがあるのなら、AVERAGEIFというのもあるだろうと思って調べてみると、今はAVERAGEIFSという、複数の条件を設定できる関数があることがわかった。

nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

募集定員 380名 [学校]

「親子進路学習会」で、次のような資料をもとに、私立高校の単願や併願についての話をしました。

bosyuu.jpg
「この学校の場合は、『単願』で、6名が落ちているんだね。」
「単願とは、『合格したら、他の高校を受験せずに、必ず、入学する条件で受験する。』というものなのだから、受験生としては、落ちたら困るわけで、不合格者0という学校も多いよ。逆に、半分以上が不合格になる「第一志望」という意味合いの強い学校もある。学校によって違うよ。」等々。

ここで、本題とは離れるのだけど、ちょっと思いついてしまったのが、
「募集定員 380名ということは、何クラスになるのだろうか?」ということ。

皆さん、どう思いますか?

まあ、実際は、併願で多くの人数をとっているので、その歩留まり次第で、何クラスになるかわからないというのが答えなのだろうけど・・・。

考え方としては、
40人学級だとすると、380は40で割れないわけだけど、20は選抜クラス、残りの360を40×9クラスということでしょうか。
ところが、その学校のコース別の募集人員をみると、
80人、100人、100人、100人なんですよね。
2クラス+2クラス×3=8クラスということですかね。

少なくとも公立は40人学級だと思うのですが、私立は50人学級もOKなんですかね。

nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

ブラック企業とブラック部活 [学校]

冊子づくり」と「指導力」という記事を書きながら、
今話題になっている、ブラック企業とかブラック部活とかいう問題にも、
「仕事」と「勉強」という観点が必要なのでは、と思いました。

生徒の活動を「仕事」ととらえると、宿題だって、大きな問題ですよね。いや、実際、教科担任制の中学校の場合、一歩間違えると多く出し過ぎて、問題になることもあるわけです。
でも、自分自身を「育てる」という観点から考えると、時間外の取り組みは必須だと思うのです。
九九の暗唱なんて、学校の授業だけでは、普通の人間には無理ですよね。(僕は無理でしたw 小学校5年生まで、九九は全部言えませんでした。)


逆に、「仕事」についても、「勉強」の面も入ってくると思います。「研修」ということでしょうか。実際に経験していかないと身につかない部分てあると思うのです。
その仕事を担当したからこそ勉強できたことってありますよね。

ただ、「仕事」と「勉強=自分自身の利益になること」の区別があいまいな、というか、「仕事」の中にも「勉強=自分自身の利益になること」の部分が含まれるよね、という考えを無意識に持ちがちな「教員」という生き物は、
自分に対しても、他人(同僚や生徒)に対しても、過剰な労働を強いる場合が出てくるのではないでしょうか。


定期試験の翌日に4クラスの答案を返却するなんて、「労働」という面からは、「働きすぎ」ということになるのかもしれません。
現在、多くの学校で中間試験は1日間で実施。普通に5時間まで授業があって、1クラス分の採点をするには、2時間弱かかって・・・。記述問題は増えているし、3観点別に得点は集計しなければいけないし(僕は、採点ペンを使っているので、あとでエクセルで計算するのだけど、普通は、別々に足して計算していく)。
2×4=8時間、8時間労働+8時間=16時間ですよ。

「高度プロフェッショナル制度」、すでに教員においては導入されてますw


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

成績処理シート VBA [学校]

これまで、中間テスト・期末テスト等の成績処理については、エクセルで、入力、一覧表等の処理をおこない、ファイルメーカーで個票をつくるというやり方だったので、
個票の印刷をエクセルのマクロ機能を使うということはやってこなかった。

マクロについては、興味はあるし、使ったことのあるプログラム言語は「Basic」だけだけど、逆に言えば、「VBA」なら何とかなるかもという気持ちもあったりした。

今回、前年度の担当者がつくった成績個票のエクセルファイルを使うことになったので、「VBA」をお仕事で使うことになった。

これを機会に少し勉強してみたい。

nice!(1)  コメント(1) 
共通テーマ:音楽

原宿駅 [学校]

DdnNkFfVwAEaZJh.jpg
かつて、ちょっと記事にしたこともあるのだけど、(http://kitachi.blog.so-net.ne.jp/2007-07-16
予備校時代、1年間、原宿駅まで通っていた。
とはいえ、本当に、竹下口から降りて、予備校の校舎までの道のりを往復するだけだった。
竹下通りにも行ったのだろうけど、興味のあるお店があるわけでもなく、「若者の街 原宿」って何?、おいしいの? 状態だったりする。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

ワイヤレスマイクのグループ・チャンネル [学校]

体育祭の学年練習で、ポータブルPAシステムのワイヤレスマイク2本のうち1本が使えないということで、
「きたちさんなら、簡単にどうにかなるよね。」「たぶん、チャンネルが違っている思うんだけど」と言われて、
まあ、なんとかなるだろうなぁと思って、
マイクのチャンネルの設定を見ると、本体に書いてあるグループ・チャンネルと違っていたので、
職員室の机の中にある精密ドライバーを持ってきて、設定してみるのだけど、なぜかうまくいかない。
unnamed.jpg
unnamed1.jpg
もしかしたら、電池が消耗しているのかな、と思って、
事務室に単三電池を取りにいって、交換してみるのだけど、うまくいかない。

マイクの故障かもしれないと思って、
放送室に行き、もう1台のポータブルPAシステムのマイクを持ってきて、チャンネルを設定してみるのだけど、うまくいかない。

ここまでやって、本体の受信機部分の故障かな、と思ったのだけど、
ふと気がついて、本体のチャンネル・グループの設定を確認してみると、なんと、マジックインクでメモしてある数字と違っているではありませんか!
unnamed2.jpg


う~ん、ミスリードされてしまった!
書いてなければ、当然、本体の設定とマイクの設定を確認していたと思うのだけど、書いてあったので、ひっかかってしまいました。
くやしい~!

まあ、余計な時間はかけてしまったのですが、無事復旧はできました。


nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽