So-net無料ブログ作成
検索選択

暗譜で指揮をする [吹奏楽]

吹奏楽ゼミナール 「春の猟犬」
洗足学園音楽大学学生のウィンドアンサンブルを使っての、汐澤安彦先生による「リハーサルクリニック」から、ゼミナールはスタートした。
次の1時間45分の講座は、実際に、そのバンドを指揮して、汐澤先生の指導を受けられるというもの。
8名いたので、一人10分程度、とのこと。
受講番号に従って、一番最後になった。

ちなみに、「春の猟犬」、8分の6拍子を主体に、4分の3拍子、8分の9拍子などが混じった曲。(中間部は4分の4拍子だけど)
でも、この曲、10年前ぐらい前にコンクールでやったことがあるのですよね。
で、甘くみていました。というか、時間がなかったのも事実なのだけど、勉強不足状態で臨んでしまったのです。

途中、「あっ、ゴメン!」とか叫んで、笑われちゃうし(笑)、

汐澤先生には、ゆっくりとした中間部に入る前の、8分の6拍子の6拍目の出し方を、手をとって御指導いただいたり、
中間部で、小さく振るけど、緊張感を保つために、「上の方で振る」という方法を教えていただいたり、

いろいろ、やさしく教えていただいたのだけど、とにかく舞い上がってしまって・・・・。

なにより、バンドのメンバーから信頼を失った指揮者の「みじめさ」みたいなものを味わえたのが、最高の収穫かもしれない。

コンクールでやった曲なのだから、少なくとも、曲に合わせて手を動かすことはできたのだとは思われるのですが、その時は、スコアをガチ見していたと思うのですよね。
でも、この講習を受けた頃は、顔をあげて、奏者とコミュニケーションをとりながら指揮をすることの重要性、楽しさ、必要性を知ってしまっていたのですよね。

でも、顔をあげちゃうと、スコアを見ることができないw

暗譜していればできることが、暗譜していないとできない。
スコアを見ないと、次どうなるかわからないわけで、パニックっちゃうのです。


う~ん、ところが、この暗譜というのが、なかなかできないのですよね。
音感のない僕には、意味のわからない言語を暗唱するみたいな感じでしょうか。

まあ、小中学生は、古文の暗記とかできちゃうわけだから、何事も、不可能はないのだろうけど・・・。

nice!(2)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

春の猟犬 コッペパン [吹奏楽]

A.リードの「春の猟犬」で有名なというか、シチリアーノのリズムというか、
(符点八分音符+十六分音符+八分音符)
sichi1.jpg

なかなか、リズムがとれない子がいるみたいなので、言葉で表現して、そろえられないかと思った。
上のリズムの言葉が思いつかなかったのだけど、教えてもらったのが、「コッペパン」。

生徒たちに、それを紹介して、やってみたのだけど、ここで大失敗。

合奏後、学指揮の子から、「先生、『コッペパン』だと、どうしても合いません。」
sichi1.jpgじゃなくて、
sichi2.jpgになっています。

う~ん、このリズムに関しては、
ハーモニーディレクターのリズムの八分音符と三連符を同時に鳴らすと現れるリズムだとか、
(符点八分音符+十六分音符+八分音符)=3+(1+2)なので、符点八分音符と(十六分音符+八分音符)は、同じ長さである、とか、
理論はいろいろ知っているつもりなのだけど、実践面では、油断するとすぐ混乱しちゃうのですよね。

同じ言葉でも「言い方」で変わるわけで、僕の言い方は、2+1+3になっていたみたい。


まあ、「きたち」でも、「きっち」なら、(符点八分音符+十六分音符+八分音符)を表現できるのですが・・・。

とはいえ、「コッペパン」のパンは八分音符をあらわすには、テンポが速いと無理があるわけで・・・。

いい「言葉」ないでしょうか?

アドバイス、お待ちしてます。


nice!(2)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

トランペットのミュートフォルダー [吹奏楽]

iphone/image-20170609212014.png

コンクールの自由曲「アイヴァンホー」で、トランペットがミュートを3種類使います。

トランペットのミュートフォルダーを購入しました。
譜面台に付けるタイプなのですが、コンクールとかでは、譜面台の下だけとセットにして持ち込むことになるのでしょうか。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

足利フラワーパーク [吹奏楽]


昨年は、冬にイルミネーションを見に行ったのですが、今回は、花の季節に行ってみました。

一番は、藤なのでしょうが、バラの時期ということでした。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

フリクションペン セット [吹奏楽]

iphone/image-20170527143205.png
こすると消えるというフリクションペンの出現は、スコアに書き込みをするのに、画期的な便利さをもたらしたのではないだろうか。

小節番号をふるのも、間違えて、修正液とかで消しても見にくくなるとか、
赤と青の色鉛筆を買って用意したこともあるのだけど、色鉛筆は消しゴムでは消えないし、とか。

小節番号は「黒」、コードネームは「青」、実音のドイツ音名を記入するのは「赤」みたいに、
0.5mmか0.38mmの三色フリクションペンの方は、だいたい使用方法が決まっているのだけど、

区切り線を入れたり、同じ動きのパートをチェックする用に、マーカーっぽいペンを使用しようと思っているのだけど、色の使い方が定まっていなかったりする。

いろいろ試してみようと、セットで購入してみました。

フリクションペンって、結構すぐインクがなくなるように思う。



nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

アンパンマンミュージアム [吹奏楽]

iphone/image-20170523112802.png
横浜だけではなく、神戸とか高知とか、いろいろなところにあって、一度は行ってみたいよね、と思いながら、行ったことのなかった「アンパンマンミュージアム」、行ってきました。

とはいっても、入場料1500円を支払っての「ミュージアム」に入館することはなく、「モール」で、屋外のショーを観て、グッズを見る(買う)、ということでした。

ショー自体は、十数分。
ディズニーランドとかの場合、20分ぐらいが多くて、腹八分目じゃなくて、充分な満足感を与えるためには、ちょっと長めに20分ぐらい、というのがあるみたい。
さらに、ディズニーシーになると、ちょっと大人向けというのもあるのかもしれないけど、さらに、もう少し長くしてあるように思う。
アンパンマンショーの場合は、ベビーカーに乗っているような子どももいるわけで、短めなのではないでしょうか。
iphone/image-20170523112820.png

その十数分のショーを観るために、炎天下の広場に、30分以上前から、小さい子と親がじっと待ってたりするのですが、思わず、紫外線とか大丈夫なんだろうか、とか心配してしまいます。


お姉さんたちのミニスカートの衣装、付き添いのお父さんたちへのサービスなのだろうか、とか考えてしまう僕の心は、くさってますかw

nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

バンドクリニックと体育祭 [吹奏楽]

浜松でおこなわれるバンドクリニックと勤務校の体育祭の日程が重なってしまうことが、ここ何年も続いている。どちらも開催時期が定着したみたいw

勤務校の体育祭は、土曜日開催で、月曜日振替休業日。体育祭終了が中間試験一週間前の部活動休止期間開始というパターンも、運動部の大会や期末試験との兼ね合い等から、他の選択肢がないような状況になっているように思う。



年度当初の怒涛の4月、ゴールデンウィークは部活三昧(今年は、オフだったけど)、という流れで、部活のない平日の休み、家族サービスに小旅行というのも定着してきたように思う。(まあ、家族といっても、僕と奥さん二人だけど)

というわけで、この時期の旅行は、「筋肉痛とともに」というのも、定着していたりするw


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

体育祭 部活対抗リレー 逃げ恥コラボ [吹奏楽]


今回の体育祭部活対抗リレー、パフォーマンス部門での演奏は、陸上部とコラボしての、「逃げ恥」。

途中、柔道部のメンバーも陸上部のダンスに飛び入り参加。

(ダンスにもカメラを向けたのですが、手前に柔道着の個人名が写り込んでしまい、まずいかもと思って、カットさせてもらいました。)

nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

ボディービート [吹奏楽]

BOdyBeAt
ボディービートという電子メトロノーム。
バイブレーション機能がある。

バイブレーションでテンポをというのであれば、iPhoneのアプリでもあるとは思うのだけど。

本当は複数台でのシンクロ機能もあるということなのだけど、いまだ使ったことはない。

iphone/image-20170520125216.png
体育祭の入場行進の指揮をするのに、足にしのばせてみました。

nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

得賞歌 5小節目 [吹奏楽]

tokusyouka.jpg
得賞歌の練習をしていて、どうも5小節目のところが決まらないので、なぜなのだろうと考えてみた。

低音は、E♭→D→Cと降りてきて、Gへ。
CからGに向かうには、それなりにパワーが必要だと思うのだけど、楽譜にもディクレッシェンドが書いてあるし、指揮も、3拍目で力を抜いていたように思う。

2拍目から3拍目に向かっては、パワーが必要なのではないでしょうか。

まあ、単純に、各楽器のCのピッチがよくないのが原因だったのかもしれないけど。

nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽