So-net無料ブログ作成
前の10件 | -

アサヒ オフ 350㎖缶 [雑感]


[2CS] アサヒ オフ (350ml×24本)×2箱

[2CS] アサヒ オフ (350ml×24本)×2箱

  • 出版社/メーカー: アサヒビール
  • メディア:
家内のお友達から、発泡酒をたくさんいただきました。
高アルコール度数の甘くない缶酎ハイとかも流行っているし、低アルコール度数の甘めのものを買ったりもするし、各種ビールも飲んだりするのだけど、(家でお酒を飲むことはほとんどないけど)
発泡酒、それも糖質0%、プリン体0%、アルコール度数低めの3%という選択肢はなかった。

飲んでみると、軽くて、飲みやすい。
食事とともに、水 感覚でゴクゴクいけてしまいます。
350mlじゃ、ちょっと足りない感じ。
でも、家内と2本を空けて、ちょっと酔いも感じられて、という感じで、着実に飲み進んでいますw


nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

駐車券のペーパレス可 [雑感]

DSC_0312.JPG
あるショッピングモールにいったら、駐車券が廃止されていた。
入場時の監視カメラでナンバーを読み取り、精算時に、4桁の番号を入力すると、入場時の画像が表示され、確認して、お金を払うというもの。

駐車券をなくさないというメリットはあるとは思う。
ただ、撮影されているのは、この方式だろうが、旧来の方式だろうが変わらないのだろうけど、
時間と自車の画像が精算機に表示されるのをあらためて見ると、ちょっと抵抗感を持ってしまったのも事実。

同じナンバーの違う車の画像を見る可能性もあるだろうし、任意の番号が入力して、その車が入庫しているかどうかを確認することもできるのかもしれない。(その様子も監視カメラに撮影されている可能性もあるので、変なことはできないかもしれないけど)

この方式、定着するのだろうか。



nice!(4)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

居酒屋ライフ [吹奏楽]

かつて、「ビジネスホテルと居酒屋」という題で、
「今回の夏の旅行は、車で移動、駅近くのビジネスホテルに宿泊というパターンが多くなった。
車での移動の場合、駅近くの宿は、駐車場のことを考えると、あまりメリットがないかなとも思うけど(街道沿いのホテルだと駐車場代は無料のことが多い)、
目の前に居酒屋とかがたくさんあって、選び放題。
後は寝るだけだから、お酒も飲めて、ベッドまで数分、というのも魅力的だったりする。」という記事を書いたことがある。
https://kitachi.blog.so-net.ne.jp/2018-08-14-3

その後も、ホテルライフを楽しもう!みたいな旅行をしていたりするのだけど、ホテルライフというよりは、居酒屋ライフになっているような状況も多かったりする。

今回の宿泊場所は、繁華街に立地しているというわけではなかったのだけど、フロント脇には、近くの居酒屋ということで、数軒が載っていたりした。
知らない場所で、中の様子もわからないお店に入るのは、若干の不安もあったのだけど、ホテルの案内にも掲載されていたし、入ってみました。
お値段もリーズナブルだし、おいしいだけでなく、ちょっとシャレていたりするのですよね。
写真は、イワシの南蛮漬け 480円。
イワシ南蛮漬け480円.JPG


さらに思ったのは、洒落ているのに、量もそこそこあるということ。
ほんのちょっとの差だと思うのだけど、ボリューム感もあったりすることに、文化の差を感じたりしました。
そのお店だけかもしれないし、簡単に決めつけてはいけないと思うのだけど、
いろいろな分野で、実際に行ってみないと感じられない、 微妙な違いというのがあると思う。

nice!(4)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

6桁の暗証番号 [学校]

スーパーホテルでは、6桁の暗証番号が部屋の鍵の代わりで、覚えたらすごく便利だろうけど、なかなか暗記できない、という記事を書いた。
https://kitachi.blog.so-net.ne.jp/2015-02-08

電話番号とか、絶対無理状態なのは、少なからず年齢も影響しているように思うのだけど、もともと、一時メモリ(キャシュ)の容量が極端に少ないようにも思う。

今は、4桁の数字でさえ、耳で聞いただけではダメで、声に出して、反復する形にしないと、一瞬も覚えていられなかったりする。

そんな状態の中で、今回、また、6桁の暗証番号が部屋の鍵代わりのスーパーホテルに泊まったのだけど、
奥さんと一緒だったこともあり、見栄をはって、絶対覚えようと試みたわけです。(ドアの前で、紙を見ながら押すのと、覚えていて押すのじゃ、なんか違うじゃないですかw)

すると、覚えようと思えば覚えられるんですね。
6桁を2桁ずつに分解して、(今回の暗証番号は、「103587」)
「10」「35」「87」
「10」は、桁で分類しているのかなぁ 20とか30とか11とかもあるのかなぁ
「35」は、歴史の年号でいけば、徳川家光 武家諸法度 参勤交代 1635年、今、学校でやってるとこだし。
「87」は、う~ん、年号で87って、何かあったっけ・・・。1889年は、大日本帝国憲法の公布だけど・・・。

みたいな感じで、いろいろ思いをめぐらしてみると、見事、暗記することができました。

nice!(4)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

清里 [吹奏楽]


南アルプス市まで行ったので、清里に寄ってみることにしました。
青春の思い出の「清里」です。

といっても、僕に思い出はありません。奥さんが、大学の時とかに清里ユースホステルに泊まったりした思い出があるみたいです。

僕の大学の時は、吹奏楽部の夏合宿が小海線沿線の佐久海ノ口でおこなわれていたので、青春の思い出は「清里」ではなく、「佐久海ノ口」ということになると思います。

合宿中、一度、夜、清里の喫茶店まで、車で出かけていった記憶があります。
「ここが、有名な清里かぁ」・・・って、夜だし、喫茶店でコーヒー飲んだだけだけど。

nice!(4)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

ポップス・ステージ [吹奏楽]

巨摩高校吹奏楽部第55回定期演奏会の第3部は、ポップス・ステージということで、
・新世界より・A Whole New World
・時代 中島みゆき
・平成大ヒットメドレー
・花は咲く
・スペイン チックコリア

「時代」と「花は咲く」では、舞台上の大型スクリーンとプロジェクターを使用。

「時代」では、部員の幼い頃の写真や、部活での写真などを投影。

「花は咲く」では、歌詞などを含めた花等の映像を映し出していた。

nice!(4)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

フラッシュモブ 2 [吹奏楽]

個人的には、フラシュモブのサプライズの側面ではなく、だんだん仲間が増えていくという部分に、大きな魅力を感じるみたい。

映画「スウィングガールズ」のスーパーマーケットの前で、雪の降る中、仲間が戻ってきて、演奏に加わる部分に感動してしまうのも、同じ流れだと思う。

だいたい、ラヴェルのボレロも大好きだったりするし。
ラヴェルのボレロは、高校の時、近くの市民図書館の視聴覚コーナーで、LPを聴きまくっていた思い出があります。

nice!(4)  コメント(2) 
共通テーマ:音楽

フラッシュモブ [吹奏楽]

舞台中央にコントラバスが運びこまれ、スポットライトが当たり、そばの二人のリコーダー奏者が演奏を始める。

オフステージの舞台袖からドラムが加わり、コントラバスが演奏。

ピッコロとフルートが演奏しながら登場。ティンパニ奏者とか打楽器パートも入場し、客席からはクラリネットパートが舞台へ。

袖から、トランペット、ユーフォニアムが入場し・・・。

フラッシュモブ、舞台版ということでしょうか。

曲目についての紹介はなかったのですが、
「レミゼラブル 民衆の歌」だと思われます。

だんだんと仲間が増えていき・・・という展開にぴったりの曲ですよね。

nice!(4)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

フリーパフォーマンス・ステージ [吹奏楽]

巨摩高校吹奏楽部第55回定期演奏会の第二部は、フリーパフォーマンス・ステージということで、打楽器5重奏からスタート。
Christopher Hardy作曲 レッド・アース ~赤の大地~
アンサンブルコンテストで金賞を受賞した曲ということなのだけど、
一人3台の楽器を使った五重奏。
和太鼓のパフォーマンスを思わせるようなエキサイティングな曲。
赤い照明も効果的に使用されていた。

その後
舞台中央にコントラバスが運び込まれ、リコーダーを持った2人が座り、スポットライトが当たると・・・・

nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

巨摩高校吹奏楽部第55回定期演奏会 [吹奏楽]

DSC_0318.JPG

55回というのは、年1回だとすると、すごい歴史なんですね。Since1953と書いてありました。

第1部はフォーマルステージということで、
(1)無伴奏ヴァイオリンのためのパルティータ 第2番ニ短調 BWV.1004より《シャコンヌ》 J.S.バッハ作曲
(2)今年度の吹奏楽コンクール課題曲Ⅳ 行進曲「道標の先に」
(3)バッハの名による幻想曲とフーガ F.リスト作曲

パイプオルガンの前で、バッハとリストを演奏する。
いいなぁと思いました。

nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽
前の10件 | -